<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ビッキー(仮名) 実はリキちゃんでした~

1月29日(火)
今日はまたいい天気で!
d0248627_16252964.jpg

静内河川敷も、いい感じで凍れました。
川霧も発生、川は氷が流れ、川岸の植物も樹氷。
川カチンカチン。
中州の木も真っ白に凍っています。
d0248627_16333564.jpg

荒漠とした氷の世界にすっくと立つフクちゃん。
d0248627_16362644.jpg

いいねえ、ファンタジーの世界みたい。
d0248627_16371325.jpg

でも、寒さはリアルワールドです。

さて。
いつも会うワンちゃんとおじさんに、今朝も会えました。
お互いに「!」「!!」って感じです。
d0248627_16385048.jpg

ワンちゃんの名前、判明しました!
ビッキーでもミッキーでもなく
リキでした。
d0248627_16442929.jpg

南極観測隊でタロジロと一緒に行ったイヌの名前ですって。
飼うイヌがオスでもメスでもいいように考えての名づけだったそうです。
ちなみに、リキちゃんは女子です。
d0248627_16491011.jpg

フクとリキちゃんは、こうやってグルグルとお互いの周りを
回って様子を見る感じ。
d0248627_16512345.jpg

フクは、おじさんの後についたりして、人間にもフレンドリーですが
リキちゃんはまだフクだけで手一杯。
私のほうにまでは相手が出来ません。
d0248627_16524512.jpg

リキちゃんは、あんまり他人にもイヌにも慣れてないそうです。
でも、初めて会った秋ころよりはずいぶん慣れてきた。

リキちゃんとフク、最接近
d0248627_16573268.jpg

こうして見ると、リキちゃんはやっぱり女子だなあ、という
可愛らしさ。
や、フクも可愛いけどさ。
やんちゃ坊主みたいな可愛さなんだよな。
女子だけど。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-29 17:00 | フク

大雪の日の河川敷散歩

1月25日は夜中に降った雪が50cmほど積もりました。
雪が少ない日高では、重い雪が積もるのは
めったにないので、皆、雪かきに気が重い。

で、誰もいないだろうな~とは思ったんだけど
一応、フクを連れて静内河川敷に散歩に行ってみた。

案の定、誰も歩いていません。
私たちの前に、道はない。
フクは、雪に埋まりながら歩いています。
d0248627_18224687.jpg

雪は上がって、晴れる予兆。
d0248627_18233822.jpg

フクは結構がんばって歩きましたが
途中で「もう帰る!」と言い出しました。
d0248627_1826372.jpg

鳥を見たらちょっと機嫌が直った。
d0248627_18273277.jpg

水鳥がピヨピヨ言いながら浮いています。
d0248627_18282837.jpg

えさをもらえるかと思って近づいてくる水鳥の群れに
ターゲットロックオンなフク。
d0248627_18293676.jpg

行けないから!今日はそっち行けないから!と
私にリードを引かれて、ムッとする。
力任せに川に行こうとします。

それを押さえつつ、帰り道。
私も長靴の中に雪が入って、しもやけになりそう。
川に、買い物カゴに入れたゴミが捨ててある。
フクはそれを調べる。
d0248627_18313086.jpg

やーめーてー!
私まで落ちるから、やめてー!
d0248627_18322788.jpg

3羽の白鳥が「なにやってんの」と見てました。
買い物カゴにわざわざ入れて、誰かが何かを川に捨てたらしい。
中身を見るのがコワいし、落ちちゃうので拾えません。

そんな事をしながら、河口近くまで戻ってきました。
すっきりした景色。
d0248627_1835271.jpg

私たちが近づいたので、それまで川岸近くで
休んでいた白鳥や鴨が川の中ほどへ移動したのを見て、
フクはその寝床を調べようと、川に身を乗り出しています。
やーめーてー!
d0248627_18383953.jpg

ほんとに、落ちるから!
私まで落ちるから、やめてー!
今落ちても、誰にも気づかれないし!
d0248627_18393841.jpg

リード、引けばいいじゃん、と
思うでしょ?
目いっぱい引いてます。
でも、フクパワーの方が強いです。
とにかく、エネルギーと好奇心が強いイヌですわ。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-26 18:42 | フク

イヌは群れて移動する動物なのです。

朝に静内河川敷に散歩に行くと、
同じような時間に毎日散歩するおじさん、おばさん
そして犬がいます。
フクは、彼らに会うのが楽しみらしい。

朝の散歩が遅くなってから会える様になったのが
おじさんと一緒に散歩する白いワンコです。
名前はビッキとかビッケとか言ってたような。
ビッキーちゃんなのかな。
女子です。可愛い。

最初は、フクを警戒して吠えたり、興奮してびょんびょん飛んだり
していましたが、最近は遠くにいるフクを見かけると
伏せて待っていてくれるようになりました。
でもその後は興奮してびょんびょん飛ぶけど。
d0248627_1393066.jpg

一緒に歩く私たち。
d0248627_13134311.jpg

「カリスマドッグトレーナー」シーザーさんは
「イヌは群れる動物だから、群れで散歩するのは
イヌにとって幸せだし、普通のことです」と言います。
d0248627_13153542.jpg

本当は私もおじさんと一緒に並んで
一線で歩かないと、群れのリーダーは犬になってしまう。
でも道が細いので、私は後ろに居ます。
このとき、フクはおじさんを群れのリーダーと認めて
一緒に歩いているのです。
d0248627_13173223.jpg

ビッキーちゃん(仮名)は、最初は私とフクがくっついて
歩くのを嫌がりますが、すぐに慣れて
自分のペースであちこち嗅いだりおしっこしたりしながら
歩いています。
d0248627_13185118.jpg

この後、ビッキーちゃん(仮名)はリードを離して
自由に歩きますが、フクは離してしまったら帰ってこない。
ここで群れは終了。
ビッキーちゃん(仮名)はおじさんと帰路につきます。
フクは、もうちょっと歩きます。

もしかしたら「ミッキー」?
今度ちゃんと聞いてみよう。

今日は暖かかったので、
川も氷が溶けていました。
d0248627_13241497.jpg

フクは川に入りたがりますが、さすがに止めた。
d0248627_13244853.jpg

「冷たそう」
d0248627_13253779.jpg

それでも、寒さは緩んだので白鳥もゆったりしています。
相変わらず鳥を獲りたいフク。
d0248627_13261687.jpg

「ちょっと行ってみようかな、行けそうな気がする」
d0248627_13274699.jpg

だめだめ。
氷割れるから。

朝の散歩で出会う人たちは、フレンドリーなんですが
夜の散歩で出会う人と犬は、なかなかこうはいかん。

イヌを連れた人と出会うと、必ず
まずフクを待たせて、相手を先に行かせつつ
「こんばんはー」と声をかけるのですが
無視されるのがほとんどですわ。

あるいは、私とフクが待っているのを見ると
イヌを連れて、Uターンして急いで立ち去っていく。
連れているイヌはぎゃんぎゃん吠えてる。

いつも会う犬と飼い主さんたち(複数)なんですが
いつも同じ反応です。

飼い主同士が穏やかに会話していたら
イヌ同士も、穏やかにイヌの挨拶が出来るのに。

たぶん、夜しか散歩をしないから
そういう経験をしたことがないんだな、飼い主さん。

夜だから、仕方ないかな、とも思いますが
フクは吠えないし、私も「こんばんは」と声をかけているのに
無視されるのはちょっとせつないな。

でも、夜にたまに会う勤務帰りの奥さん(イヌなし)は
フクの名前を覚えてくれていて、
バッグから犬用ジャーキーを出して、フクにくれました。
ありがとう。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-24 13:37 | フク

フク、山に脱走!

1月22日、今朝は曇りで冷え込みはまあまあ。
散歩に行こうと車に乗ろうとしたら、キーがない。
家に戻って探したんだけど、ない。

いや、キーは家の中のどこかにあるはずだから、
とりあえずフクは、お隣ログハウス草地散歩コースで
済ましちゃおう、と言うことで。

ログハウスの向こうの草地を歩いていたら
黒くてちっさいおいちゃんが来た。
d0248627_1727145.jpg

おいちゃんは私たちに追いつこうと急ぎ足です。
フクも気づいて、ターゲットロックオン。
d0248627_17275897.jpg

「おいちゃーん!」
「フクー!」
d0248627_17284277.jpg

ねこの父ちゃんといぬのムスメの感動の対面!
d0248627_1733768.jpg

じゃなくて「相撲!相撲!」
「やめろぉー」でした。
d0248627_17341968.jpg

逃げるソラ夫さん。
追いすがるフク。
d0248627_1735164.jpg

ソラは松の藪の中に逃げました。
フクも行きたかったけど、私がリードを持っているので行けない。
d0248627_1737730.jpg

私たちがここを立ち去ってもソラはしばらく
藪の中にいました。
たぶんそのままいつもの見回りコースを回った模様。
d0248627_1738127.jpg

フクは、今度はヤギを見に行きました。
ヤギのお母さんと対峙。
d0248627_17383811.jpg

フクはびびって、わん、わんと一声ずつ吠えています。
d0248627_17394099.jpg

ヤギのお母さん、一歩も引かず。
d0248627_17401311.jpg

引くどころか、どん!と一歩前に出た。
d0248627_17411494.jpg

フク、逃げました。
d0248627_1742558.jpg

クロちゃんの方が、フクより度胸あったなあ。
フクはちょっとびびり過ぎです。
白鳥に負け、ヤギに負け。

で、散歩の後はいつものようにご飯。
用意してある朝ごはんを外の小屋のダイニングキッチンの台に
置いて、フクが食べるわけですが
その時にフクがリードをつけたまま逃亡。

そのまま裏の山に駆け上って行きました。

リードをつけたままなので、山を駆け巡って
ひもが木に絡んだら戻って来られません。
15分くらい、フクを呼びました。

ええ。
15分後に、いい顔して山から駆け戻って来ましたよ。
「呼んだー?」
ってな感じですよ。

いやもう、やっぱり朝の散歩は手抜きできないわ。
エネルギー余り過ぎ。
ちゃんと2km歩かせないとだめ。

いつか枯れる日が来るのかなあ、フクちゃん。
そのエネルギー、発電に回せんのかなあ。

車のキーは、上着のポケットから見つかりました。
いつもは右に入れるのに、今回は左に入れてた。
くそー
でもま、見つかってよかったです。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-22 17:50 | フク

マイナス20度!もういらんわ

1月20,21日は暖かくなって、日中もプラス1度くらいまで
上がりました。
最高気温がマイナスでないだけ、すごく楽です。

1月16日は、早朝の気温はマイナス20度以下でした。
静内河川敷に散歩に行きましたが、
よく晴れて風もないのに、とにかく顔が痛い。
フクは元気です。
d0248627_18102970.jpg

川も水面が凍り始めました。
鴨や白鳥は、凍っていない川の中央部にいます。
d0248627_18111179.jpg

薄氷を面白がるフク。
氷の上を歩くのも慣れてきた。
d0248627_18115145.jpg

気温が水温より低くて、川霧発生。
木や草に霜がついて、凍りつきます。
d0248627_18124020.jpg

もう、これ以上の寒さは無理。
正直、同じ北海道の内陸でマイナス30度以下まで下がってますが
屋外で活動するのは本当に厳しいと思います。
でも、この日は日中良く晴れたので、昼くらいには気温が上がりました。

翌日1月17日あたりは、ちょっとだけ寒さが緩んだ。
d0248627_18154226.jpg

川の氷も解けています。
d0248627_18165984.jpg

国道の静内大橋。
すっきりした風景。
d0248627_18172235.jpg

さて、この日は近所の倉庫が火事で燃えました。
様子を見に行きました。
d0248627_18191953.jpg

もちろんフクもいくわけ。
d0248627_18181586.jpg

集まった消防団員や野次馬さんたちに興奮して
「フクも!フクも!」と言ってます。
フクも!ってお前、なにすんの。
消火活動?

いつもと変わらない日常に、かなりインパクトのある
出来事ではありました。
魚網倉庫の火事で、類焼延焼、ケガ人はありません。
1時間ほどで消し止められ(倉庫は全焼)
ほどなくフクも落ち着きました。
よかったです。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-21 18:22 | フク

久しぶりに山散歩

1月13日、夜中に雪が降りまして。
こういう日は山に行って雪の中を走らせてやろうと。
豆粒のようなフク
d0248627_15513671.jpg

すごい勢いで走ってきました。
d0248627_15522255.jpg

楽しそうです。
d0248627_15524952.jpg

20分くらい走らせて、私が寒いのでやめました。
d0248627_15533548.jpg

久しぶりに猛烈に走って、フク大満足。
昼寝もたっぷりしました。

翌14日も朝は山に行ったのですが。
あんまり走らず、穴を掘ってばかりでした。
d0248627_155545.jpg

自分で散歩終了してたし。
フク一人だけ走るのもねえ、って感じです。

戻ってきて、昼間ゴソゴソとなにかやってる。
見ると、コンパネの家の横に置いたパティオ(壊れた鳥のえさ台)の
上に乗って、天窓の上に乗せた材木をかじっていました。
d0248627_1558042.jpg

私が撮影しているのに気づいてやめました。
d0248627_15583466.jpg

やっぱり、なんとなく不完全燃焼だったのね。
山で一人で駆け巡るよりは、河川敷で
他の犬のにおいをチェックしたり、散歩のおばさんに
挨拶したりする方が楽しいのかも知れません。

というわけで、15日は静内河川敷に戻りました。
ちょうど白鳥にえさをやっているご夫婦がいらした。
白鳥、カモメ、鴨、カラスが集まっています。
d0248627_1603533.jpg

いつも「鳥を獲る!」と突撃するフクですが、
この鳥の迫力にびびり気味。
d0248627_1621659.jpg

むしろ、鳥たちがもらってるえさが気になる。
d0248627_1625065.jpg

やっぱり、河川敷はいろんなことがあって
毎日飽きないわ。
早く暖かくなってほしいです。
寒すぎます。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-16 16:05 | フク

薄氷を渡るフク

毎日が寒い北海道新ひだか町静内河川敷。
d0248627_16481685.jpg

毎朝「今日は無理」と思いながらも車で河川敷に行くのですが
車から降りてみると「意外と歩ける」と思ったり。
そんで、歩いてみたら
「やっぱり死ぬ」と思ったり。

1月9日朝からいい天気です。
d0248627_16554846.jpg

川を、氷が流れています。
氷がぶつかる音がする。
d0248627_16565746.jpg

フクは、相変わらず自分のタイミングで私を先導します。
雪が降る前は、私の前を歩かないように訓練していたんだけど
雪が深くなったり、ツルツルに凍ったりすると
フクに先導してもらった方が楽に歩ける。
でも時折、私を振り返って様子を伺います。
「ちゃんとついてきてる?」
d0248627_16584874.jpg

「もっとペースアップできるできる!諦めたらそこで散歩終了だよ!」
修三かお前。
d0248627_16592575.jpg

川の中の階段が見えます。
d0248627_1704340.jpg

水がきれい。
d0248627_1713345.jpg

景色はこんな感じ。
d0248627_1722486.jpg

フクは階段を下りたい。
d0248627_1731285.jpg

水はきれいなんだけどねえ、すごく寒いよねえ。

1月11日
白鳥広場。
厚い氷の上に、薄氷が張っています。
白鳥を近くで撮ろうと思って、私が先に降りました。
「無理。フクは無理」
d0248627_1752010.jpg

氷ツルツルがコワいみたいです。
d0248627_1762143.jpg

引っ張ったら、こわごわ降りてきました。
d0248627_177497.jpg

薄氷がバリバリ割れる。コワいよ。
d0248627_1774770.jpg

こわごわの思いをして、白鳥がすぐそこに。
尻尾が嬉しさを表しています。
d0248627_1784166.jpg

水温よりも気温が低いので、川霧が立っています。
白鳥、体温高いんだろうなあ。
まだまだ寒いんです。
がんばろう。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-12 17:11 | フク

ソラ夫さんとイヌネコ大相撲春場所

1月7日、早朝の静内川散歩。
良く晴れて非常に冷えてます。
マイナス15度以下になっています。

百戦錬磨の白鳥に脅されるフク。
d0248627_20335930.jpg

4羽くらい浮かんでる中の、お父さん白鳥。
一羽だけ、くちばしが黄色でなく白くて傷だらけです。
気迫に押されるフク。
d0248627_20351393.jpg

お父さんは完全にフクをにらみつけています。
「フ…フクは別に、白鳥なんか獲ろうと思ってないよ…」
d0248627_20361717.jpg

いやあ、迫力あったなあ。
おっさん白鳥、かっこいいなあ。

一方、こちらはネコのおっさん。
午前中のフクトイレ散歩のときに、天気もいいので
ソラ夫さんも一緒に来ました。
d0248627_20381994.jpg

イヌネコ相撲。
寒いので、おいちゃんは乗ってきません。
d0248627_20403914.jpg

遊んでもらえないフクは不満げです。
「おいちゃん、相撲しよう」
「いやだ」
d0248627_20415455.jpg

フクは、そこらに落ちてた棒を咥えて楽しい遊びをアピール。
「わあ~棒だ~楽し~」
d0248627_20434137.jpg

「わあ~フクこんなに面白いことしてる~見てみて~」
d0248627_20444171.jpg

「おいちゃん、ほら~棒たのしい~」
「そうか」
d0248627_20454148.jpg

「おいちゃん、ノリ悪すぎ」
「そうか」
d0248627_20473794.jpg

「ねえ、やっぱり相撲しよう」
「いやだ」
d0248627_20502916.jpg

「相撲しよう」
「いやだ」
d0248627_20521443.jpg

「・・・」
「・・・」
d0248627_20512865.jpg

頑固者のおいちゃんでした。
d0248627_20531124.jpg

以前は、フクが一方的に「相撲!相撲!がぶがぶ」って
やってたと思うんだけど
最近は、一応おいちゃんに伺いを立てる大人な態度に
なってきました。
ソラ夫さんの頭も、前ほどはガビガビにならないよ。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-09 20:57 | フク

明けましてフクは2歳と言うことに。

2013年もはや1月6日。
明けましておめでとうございます。
今年もフクともどもよろしくお願いします。

元旦もやはり静内河川敷散歩から始まります。
d0248627_1644393.jpg

大晦日の深夜に雪が降りまして、また寒い。
白鳥たちは、水に入っている方が暖かいらしい。
d0248627_16492759.jpg

フクの新春の誓い
「いつか、あれを獲る」
d0248627_16502082.jpg

うん。いつか獲れるといいねえ。

翌1月2日
昼間は暖かくて、いい感じだった。
d0248627_16514611.jpg

それがですね。
夜、閉店後に静内の町に散歩に出かけたら
猛吹雪ですわ。
d0248627_16555662.jpg

スポーツセンター裏の、明るい照明の下で散歩。
で、雪の下はツルツルの氷です。
こわい。
d0248627_16572823.jpg

暴風はその後、もっとひどくなりました。
散歩から戻ってきてみたら、電線が断線。
停電をほくでんさんが深夜11時までかかって直してくれました。

フクは、吹雪でも外にいます。
小屋の中に入って寝ているようです。
厳しい寒さでも、「家の中に入る」とは言わないのが助かる。

1月3日は定休日で、私は朝から札幌へ。
フクは、W.A.R.P.さんがドッグシッターをしてくれました。
ありがとう!
朝散歩を済ませてから出かけ、夜も6時には戻って来たんだけど
途中の様子と、トイレと、散歩とごはんを見てもらえて
とても安心です。

それからまた町まで夜散歩に行きました。
とにかく、歩いてくれば落ち着いて
ごはんも食べて、小屋で寝ることが出来ます。

1月4日も厳しい冷え込み。
早朝の静内河川敷散歩。
毎日、正直つらい。寒さが痛い。
d0248627_1711070.jpg

フクは、いろんなイヌや人の足跡を嗅いでいます。
d0248627_1711591.jpg

雪の中でも鼻が効く。
犬ってすごいな。
d0248627_17133644.jpg

いつも会う散歩のおばさんとは
しばらく会えません。
お互い時間がずれているらしい。

1月5日も寒かったー!
夜明けはいい感じの朝日です。
だんだん日が昇るのが早くなってきているのが嬉しい。
d0248627_17151616.jpg

私は早めに切り上げたいわけ。
河川敷、寒いわけ。
でも、フクが歩かない。
なんだろう?と見ると、だ。
なんか食ってる。
d0248627_17162396.jpg

たぶん、川の鮭のあごの辺りの骨が落ちてた。
カラスの食べ残し。
d0248627_17172583.jpg

ワイルドだろう?
これ、食べ終わるまではフクは絶対歩かないです。
本当に、拾い食いは治らない。
気づくと、なんか食ってる。
あぶないです。

この日は、朝は強烈に寒かったですが
日中は良く晴れて、最高気温もマイナス1度くらい。
フクも庭で過しやすかったみたいです。
d0248627_17194286.jpg


でもねえ、やる前は「静内河川敷を真冬に毎朝散歩するなんて
絶対無理!」と思っていたんだけど、
やってみると意外とやれちゃうもんだ。

真冬は2月いっぱいまで。
3月になったらだんだん寒さも緩むはず。
もうちょっとだ。
がんばろう。
[PR]
by tara3huku3 | 2013-01-06 17:23 | フク