<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ソラ夫さんと相撲するフク

フクは毎朝、車に乗って散歩に行くようになりました。
河川敷の公園を2km歩きます。

それでだいぶ落ち着きまして、
日中も静かに寝ていることが多くなりました。
今までは、中にいる私の事を気にして
ずっとこっちを見ていたり、落ち着かなかった。
散歩で満足して、昼間も興奮脳にならない。
よかった。

で、ソラと相撲を取らせてしまうとまた
興奮冷めやらず、になってしまうかな?とは
思ったんだけど、ソラが「さあ来い」って言うから
やっぱりやらせてます。
d0248627_18274825.jpg

おいちゃんが一方的にコテンパンにやられてるように見えます。
d0248627_1829427.jpg

d0248627_18332335.jpg

頭かじってます
d0248627_18341412.jpg

「やめろぉ~」
d0248627_18353164.jpg

おいちゃん、メロメロです。
d0248627_18372316.jpg

「尻をかぐな、尻を!」
d0248627_18385349.jpg

「おいちゃーん!」
「やめろー!」
d0248627_1841138.jpg

「すきー!」
「あたたたたた」
d0248627_18432871.jpg

メロメロですが、ケガはしていない。
d0248627_18442517.jpg

説教タイム。
「お前、やりすぎだって何度言ったら」
d0248627_18461553.jpg

「だってフクはおいちゃんの頭が好きだから」
「頭かよ」
d0248627_18472953.jpg

本当は、フクにソラをかじらせたら、しばらく興奮脳に
なっちゃって良くないと思うんだけど
でも、すぐに切り替えられるんですよ。
d0248627_18492868.jpg

「はい、お終い」って小屋につなぐと
フク大満足。
ソラくんも満足。
不思議な擬似親子。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-28 18:50 | フク

フクちゃん公園デビュー(普通の散歩)

山はクマがいるし、海だと呼んでも戻って来ない。
散歩ジプシーとなったフクでございます。

リードを離して放牧して自由に走らせても
安全な場所を探していたのですが、
問題は興奮しやすいフクの性格にあったので、
どの場所でもだめだ、と言うことがわかりました。

では、どうするか。
ナショジオチャンネルの
「カリスマドッグトレーナー」を見ながら
シーザーさんになったつもりで考えた。

「リードを離さず、一緒に散歩」

犬の散歩の基本中の基本。
犬に必要なのは規律と運動。
やっぱこれしかない。

というわけで、朝5時前に静内の河川敷公園へ。
コンビニで買い物もあったので、車で町まで行きました。
まだ日の出前。
d0248627_17453889.jpg

「ここどこ?」なフクちゃん。
d0248627_17464958.jpg

もう白鳥は北へ帰って、鴨みたいなのがいました。
d0248627_17485499.jpg

フクは、あちこち嗅ぎながらですが割りと落ち着いて
黙々と歩きました。
意外でした。

河川敷を1km歩いて、また戻って、往復2km。
5時半になって、日が昇って来ました。
d0248627_1752988.jpg

早朝なので、ウォーキングの人や散歩の犬には
あまり出会わず、興奮せずにマイペースで歩けたフク。

私が持つリードを振り切ったり、急に走ったりせず
(普段の散歩ではよくあるんです)
ちゃんと歩けてびっくりです。

帰り道で、行く先に鴨の群れが陸に上がっています。
フクは鴨達を見ています。
d0248627_17565878.jpg

私を振りきって、鴨目がけてダッシュ!の姿勢。
d0248627_17575131.jpg

鴨さん、逃げてー!
d0248627_17584710.jpg

しかし。
フクはダッシュしませんでした。
落ち着いて、座って鴨を見ています。
d0248627_17594644.jpg

これって、フクの脳が冷静だってことですよね。
興奮状態が治まっていて、沈静化してるって
ことですよね。

理想の状態って、これだ。

カリスマドッグトレーナーのシーザーさんが
すっかり落ち着いた犬を見て
「素晴らしい態度」と言うのですが、まさに
今朝のフクはそうでした。

リードできちんと制御して、規律を与えながら
たっぷり散歩させれば、きちんと落ち着いて
平穏な状態になれる。
私がどうすればいいのかが、やっとわかりました。

そして、そういう状態を犬に与えてやれば
犬だって、興奮しているより平穏な方がいいんです。

散歩から戻ってきてもフクは落ち着いていました。
コナが外を歩いていても、大丈夫。
(前は吠えてた)
d0248627_1862325.jpg

コナが室内に戻るのにぴょんと飛んだ。
d0248627_188296.jpg

明日もまた公園に行くかー
明日は雨だけど、公園なら比較的きれいだもんね。
d0248627_1811236.jpg

車に乗せても大丈夫なように
シートに古いエプロンを着せよう。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-22 18:11 | フク

フクは海へ

さて、山のキャンプ場の早朝散歩は
熊の出没の気配が濃厚だったので
断念しました。

夜行性の熊の出没時間は
夕方4時から早朝5時くらいまで。
朝の散歩タイムは、熊時間と重なってしまう。

というわけで、同じく車にフクを乗せて
今度は海に行く事にしました。
今は使われていない海水浴場が
近くにあります。

フク、生まれて初めての海。
d0248627_14533757.jpg

面白いものがいっぱい落ちてる。
d0248627_14544295.jpg

ずっと走って行ける。
d0248627_14551326.jpg

おもしろーい!
d0248627_1455462.jpg

海水なめたりしてる。
d0248627_14565467.jpg

カモメを追って、遠くまで。
d0248627_14574313.jpg

フク、見えない。
d0248627_14582240.jpg

あ、いたいた。
d0248627_1459191.jpg

おもしろーい!
d0248627_14594340.jpg

おもしろーい!!
d0248627_1501887.jpg

はいはい、わかったから。

海水をなめてしまったフクですが
すぐそこに真水の川が流れ込んでいます。
d0248627_151357.jpg

川の水を飲むのもちょっとあれですが、
緊急避難的に。

リードをつけたまま、走りまくってますが
リードは潮だらけになって、車に乗せるのが
ちょっとためらわれる。

かといって、
リードをはずすとなかなか捕まらない。
浜散歩用のリードを用意するしかないな。

浜では、夏になると昆布漁が始まるので
それまでの散歩です。
浜の散歩も楽しいんだけど、
フクが走り出すと全然捕まらないし
呼んでもなかなか戻って来ない。
課題は多いですな。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-20 15:08 | フク

山にはクマがいた!

フク大脱走の翌日。

やっぱりフクちゃんは運動が足りてない、と
思いっきり走らせる場所を求めて
今は休業中のキャンプ場に行きました。
フクを車に乗せて行くのです。

キャンプ場にはクマが出ます。
ちょっと奥の方の沢には
「熊」
「立ち入り禁止」という看板があります。

早朝5時。
休業中なので、誰もいません。
初日は、カッコウやウグイスが鳴いて
すごく静かな山の朝。
フクもたくさん歩いて、走れて、大満足。
フクちゃんも車に乗る練習ができるし、
キャンプ場が再開するまでは、ここで
運動させられるなあ。

さて、次の日も早朝5時に行きました。

沢の方からギャーギャー言う声がする。
あれは小熊の声だと、すぐに思い当たりました。
車はちょっと下の方に停めてあって、遠い。
慌てて追われも逃げられないので、
「クマー!クマー!」と叫んで人がいる事を
熊にアピール。

ギャーギャー言う声はだんだん遠ざかって行ったので
熊達は山に帰る途中だったのでしょう。
姿も見えなかったし、フクも普通だった。
熊、夜行性だから早朝5時はまだ
熊の領域だったのです。

…というわけで
早朝のキャンプ場散歩は
熊のために断念しました。
こわすぎる。

翌日からは海に行こうと
決めたのでした。
d0248627_14445691.jpg

つづく
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-20 14:45 | フク

朝、フク大脱走!

最近、朝が早いです。
明るくなってくると、フクが先に起きて
寝ている私や猫達に「起きろ」攻撃を仕掛けて来ます。
朝5時前です。

フクの甘噛みと、布団に乗ってくる攻撃に耐え切れずに
ソラくんが怒り出すので、ソラを先に外に出しました。
そしたら、隙を突いてフクちゃんも外に出てしまいました。

いつも通り、ソラと相撲を取っているんだろうと思い
私が服を着て、外に出てみると
ソラもフクもいない。

呼んでみたけど、戻って来ない。
これが朝5時半です。

ソラはいつも通りの散歩ルートを行ったんだろう、と
思うんだけど、フクは室内用リードをつけたままなので
山に向ったんだとしたら、どこかにひっかかって
動けなくなってるかも知れない!

辺りを呼びながら探していたら、
お隣の木彫りのおじさんが「逃げたのかい?」と
心配してくれました。
おじさんの目撃情報では、建物の裏を走って
山の方に行った足あとがあるらしい。

更にお隣のログハウスの裏山には
込み入った松林があって、そこはソラくんも
しょっちゅう歩いているので、もしかしたらそこで
ひっかかっているのかも。

とういわけで、ログハウス裏の山の
松林に登って見ました。
早朝6時前。

松林は鹿の道がついていて、歩きやすいです。
松はかなり込み入って生えていますが、
鹿が山から降りてくるのに何本も道があって
キレイに均されていて、枝も折れている。

「フクー、フクー」と呼びながら
上まであがったら、そこに黄色い犬が
嬉しそうに駆けて来ました。
「あんたも来た?ここ、面白いよね!」
って感じで。

「こっちも面白いよ、こっちも!」と
更に走って行こうとするフクのリードを捕まえて、
「帰るよ!」と下に降りました。

登るより、降りる方が難しい。
本当は、フクを離した方がお互いに降りやすいけど
また逃げちゃうもんね。
でも、フクもおとなしくリードを引かれて
一緒に降りて来ました。

途中、木彫りのおじさんが
「いたかい?」と声をかけてくれて、
「すみません!」と謝りましたよ。
いつも心配かけちゃって。

フクは、エネルギーを発散したので
今日は一日とても大人しく過ごしていました。
手前はコナちゃん。
d0248627_17141618.jpg

フクは、山を駆け巡るくらいしないと
満足しないんだなあ。
d0248627_17175471.jpg

ちょっと、本当にどこか安全なところで
思いっきり駆け巡るような場所を確保したいなあ。
ドッグラン連れて行こうかな。
でも、その前に車に酔うなあ。

W.A.R.P.さんの預かり犬は昨日帰りました。
飼い主さんの飼育環境がちょっと可哀想過ぎるので
返したくなかった。
7歳なのに、名前もないなんて。
他にもいろいろ。

里親さんを探せばきっと、もっといい人に
めぐり合えるかも知れない。
幸せになれるかも知れない。

でも、
W.A.R.P.さん達があの犬に関わった事で
飼い主さんの意識も変って、少しでも
いい方に向えばいいと思います。
犬が幸せになれば、人も幸せだって。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-16 17:26 | フク

W.A.R.P.さんの預かり犬(女子)

ようやく暖かくなってきて、フクの外写真も
背景が春めいて来ました。

でも、フクは相変わらずこの調子でございます。
d0248627_2010618.jpg

だいぶ落ち着いて来たような気はするんだけど
まだまだせわしない。
甘噛みだけど、かじるし。

「あれ、なんかいるんだけど」
d0248627_20223421.jpg

「誰、あれ」
d0248627_20235992.jpg

フクちゃんの視線の先には。

「こ…こんにちは」
d0248627_20265196.jpg

新ひだか犬猫ボランティアW.A.R.P.さんで
一時的に預かっているワンコです。
名前は知りませんが、女子です。

すごく大人しく、人懐こい可愛い子で、
ちょっとフクと似てるんだけど
中身は全然違う!
d0248627_2030151.jpg

飼い主さんはちゃんといて、避妊手術後なので
預かっているのです。
年は7歳くらい。
d0248627_20324786.jpg

明日には飼い主さんの所へ返す予定なのですが
状況によっては、これから新しい里親を
求めることになるかも知れないそうです。

鼻の先がちょびっとピンク色なのが
可愛いですな。
d0248627_20361929.jpg

大人しいのに、人懐こい…
いやあ、女子犬ってこうだよなあ…
夢のようだよなあ…
d0248627_2039146.jpg

実は、この子の家は
フクが生まれた牧場のご近所だそうで
だから、なんとなく似てるのかな、と
思いましたよ。
遠い親戚なのかも。

W.A.R.P.さんの預かり犬が時々来るので、
フクちゃんも犬づきあいを学べます。
実は、はしゃぎすぎてですね、
源さんにも、この子にも怒られてんだ、フク。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-14 20:42 | フク

雪が消えて、ソラと相撲

4月2日まだまだ寒い北海道静内ですが
先日降った春の雪は、やっと消えました。

フクは、つながれている時はおしっこを
極力我慢しているので、お昼前と午後に
1度ずつ軽い散歩に行きます。
ソラ夫さんが「オレも」と一緒に外に出ました。
d0248627_1763226.jpg

「よく晴れてるねー、寒いけど」
伸びてます。
d0248627_1772949.jpg

そこへ散歩のフクちゃん乱入
d0248627_1793387.jpg

ソラも、フクを噛んで反撃
d0248627_17103427.jpg

でもすぐに体勢をかえされて、耳をかじられています。
d0248627_1712874.jpg

正面からだと、猫の方が強いらしい。
爪と牙でがっつり組んでくるので、フクは警戒しています。
d0248627_17134390.jpg

説教タイム
「オレ、頭をかじられ続けて毛が薄くなってるんだぞ!」
「どうりで、最近なんか白いと思った」
d0248627_1715564.jpg

「もっとかじると、もっと白くなるのかな」
「だーかーらーやーめーろー!」
d0248627_17162735.jpg

「しつこいっての」
「だってー」
d0248627_17174886.jpg

散歩終了。
フクは大好きなパンの耳を食べています。
d0248627_17184515.jpg

地面に敷いているじゅうたんを裏返して
その下の地面を掘って、落とし穴トラップを仕掛けています。
ホントに危ないです。
d0248627_17202696.jpg

水入れの銅鍋の氷もやっと溶けました。
d0248627_17224462.jpg

夏は、蚊が発生しないように、しかも
フクが飲んだり水浴びしたり出来るように
なにか工夫しよう。
それにしても、フクんちの周りは汚いな…
女の子の家とは思えない…
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-02 17:23 | フク