<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

源さんは新しい飼い主さんと出会えました

1月からねこ食の薪小屋で借り暮らしをしていた
源さんは、2月26日
新しい里親さんと縁組成立となりました。
d0248627_14241312.jpg

元トリマーのボランティアさんが
源さんのロン毛をすっきりとプードルカットして
里親さんとのお見合いに臨みました。

実は、他にジジとじっちゃんが同席して
3頭の中でどれが選ばれるかわからず
あるいは縁組不成立するかも知れないし、
源さん戻ってくるだろうし…と思って
プードルカットの源さんの写真、撮らなかった。

しかし、お見合い即決で源さんはそのまま
新しい家族と一緒に新しい家に行く事になったのです!

よかった!
まずはよかった!

フクは、毎朝源さんの朝ごはんにご相伴していたので
薪を取りに薪小屋に行って、源さんがいなかったら
がっかりするかな?と思っていたら
全然そんなことはなかったです。

一応、空のゲージを見て
「あ、いないじゃん」って感じでした。

2月24日(金)久しぶりに雪がどっさり降った日のフクと源さん。
フクの小屋まわりは、一応雪かきしてあります。
d0248627_1436297.jpg

雪かき作業に出る私を待ち構えるフク。
d0248627_14365926.jpg

「フクも!フクも!」
d0248627_14375618.jpg

「フクもー!」
d0248627_14384171.jpg

がぶがぶ
d0248627_14391568.jpg

ホントに、この噛みぐせなんとか治らないかな。
おしおきは逆効果ってことはわかった。

源さんは、私のポケットの中にあるジャーキーしか見てません。
d0248627_14405453.jpg

源さん、可愛かったですね。
d0248627_1442127.jpg

新しいおうちで幸せな生涯を送れる事と思います。

源さんがラッキーだったのは、新ひだか犬猫ボランティアW.A.R.P.
メンバーさんに出会えた事です。
大事に預かってもらえて、里親も捜してもらえて。
W.A.R.P.の活動はホントに頭が下がります。

彼らの活動を見るまでは、殺処分される犬猫の事を知っても
「そう言うこともあるよね」程度の関心だったんだけど
実際、命が助かって家族の一員になっている犬猫たちを
見知ったら、少しだけど手助けしたいと思います。
行動する事って、大事なんだねえ。

まだ、ジジとじっちゃんという年より犬が
里親をお待ちしています。
老犬希望の方、ぜひ。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-27 14:47 | フク

毛がわりの季節となりました

かなり日差しは暖かくなってきましたが
気温は未だに日中マイナス4度くらいです。
寒い。
しかしフクは、もう毛がわりを始めています。
流行先取り。

そして、小屋の中に敷いてあるものを
全部外に出してます。
本人は外で寝ています。
d0248627_20523614.jpg

もう「寒くないのか」という心配はしませんが
座布団解体ショーとか、やめてほしい。
小屋のまわりはスポンジや綿だらけです。
フクが間違って食べないように、拾ってはいますが
来冬どうしよう。

そんなフクを室内から眺めてたソラ夫さんに
フクの小屋の中敷きをどうしたらいい?と聞きました。
d0248627_20554781.jpg

「オレに聞かれても」
d0248627_2057143.jpg

それもそうだね。

さて、フクの唯一の犬友、源さんはどんどんパワーアップ。
元気になってます。
d0248627_20585069.jpg

新ひだか犬猫ボランティアW.A.R.P.さんがポスターを作って
窓に貼りました。
里親募集中です。
d0248627_2114358.jpg

源さん、まだまだ元気です。
d0248627_213385.jpg

フクも元気。
おしりプリプリです。
d0248627_2144315.jpg

私の持ってるおやつに集中。
d0248627_215341.jpg

ほんとに、うちの犬もねこたちも皆
特に病気もなく、元気なのがありがたい。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-20 21:06 | フク

フクのごはん

フクは、1日4回ごはんを食べています。
毎回、量は多くないですが栄養たっぷり。

朝起きて、散歩前に私と一緒に
フレンチトーストを食べます。
フクはパンの耳、私は白いとこ。

散歩が終わって、電光看板をつけて
のぼりを立て、薪を運んで来たら
フクの朝のお仕事は終了で、
正式な朝ごはんを外で食べます。
d0248627_1710396.jpg

正式なごはんはスープごはんです。
d0248627_17223126.jpg

人間用に、鶏肉、カボチャ、キャベツ、大根、昆布、トマトなどの具で
作っています。
塩分があるので、牛乳と水で薄めています。

午後2時半、3度目のごはん
この時はドライフードだったりスープごはんだったり。
d0248627_17335861.jpg

これで、午後7時の閉店まで外でがんばってもらう。
フクは、つないでいる時はおしっこを我慢しているので
ちょっと散歩してトイレタイムです。

午後7時に閉店して、ちょっと長めの散歩をして
またスープごはんで夕食。
今度はアジの干物もつきます。
アジをストーブでこんがりカリカリに焼いて、
身は私とソラ夫さんが食べて、
カリカリの骨とおかしらはフクが食べます。

あと、薪運びやノボリの出し入れなどの
お仕事の時にご褒美として
ジャーキーをちびちびと。

甘やかしてるかなー
1回に食べる量は少ないんですよ。
スープごはん、たくさんやっても
食べ残すとガチガチに凍るしね。
もうちょっと肉類を食べさせてもいいかも知れない。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-17 17:54 | フク

借り暮らしの源さんとだんだん仲よくなるフク

源さんは、三石で保護された犬で、
d0248627_18172423.jpg

新ひだか町役場の犬預かり所に
他の2頭と暮らしていたのですが
その場所は、とても風の強い吹きさらしで
職員さんが1日1回エサと散歩の世話をしてくれます。

源さんは爺さん犬なので、その環境は苛酷だろうと
犬猫ボランティアWARPのメンバーさんが
預かり、里親を募集しながら暮らしていました。

メンバーさんの都合で、預かれなくなったので
今は、ねこやの薪小屋の一室で暮らしています。
世話はWARPのメンバーさんが交代でやっています。

源さんが外につながれている時に
フクも遊びに行きます。
犬同士の付き合いを教えたいと思って。
d0248627_18194452.jpg

仲よくしているように見えますが、源さんは
私がオヤツをくれるかどうかしか、気にしていません。
d0248627_18205372.jpg

フクちゃんは大喜び。
d0248627_18215644.jpg

源さん、WARPさんが獣医さんにつれて行って、診てもらっています。
右目が見えず、腎臓の病気のせいか多飲多尿。
背中に湿疹があります(伝染はしないそうです)。
外で飼うには問題ありません。
性格は大人しいです。
かわいい。
d0248627_18252719.jpg

源さん、きっと子犬の頃はものすごく愛らしかったんだろうなあ。
どこで暮らしていて、なぜ捨てられたのか、彼は何も言いませんが
暖かい家族が出来たら、嬉しいと思います。

さて朝、源さんがゲージに入っている時に
薪小屋の源さんの部屋に行って、朝ごはんを食べさせます。
もちろんフクちゃんも一緒に行きます。

源さんが水につけたドッグフードを一心不乱に食べてる時に
フクも一緒に食べたり、源さんの背中に乗ったり
忙しなく遊んでいますが、源さんは気にしない。

が。

先日、フクが源さんのエサのお皿の近くに
鼻を近づけた途端、普段は大人しい源さんが
「がぁ!!」
と一声吠えました。

フクは一目散に薪小屋の隅まで逃げて、
戻ってきた時は涙目でした。
びっくりしたみたいです。

そういう犬の付き合いが、フクには必要なんだよねえ。
犬のマナーを、犬に教えてもらう事が。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-12 18:31 | フク

フクが倒れた原因がわかった!

スカパのナショジオチャンネルで放送の
「ザ・カリスマドッグトレーナー」を見ています。
アメリカの番組で、天才ドッグトレーナーの
シーザーさんが、超絶技巧で問題犬の問題と
飼い主の問題を次々解決。

それを見て、リーダーの座を狙うフクに対して
落ち着いて毅然と接する術を学びました。
実現は出来てない。

先日、フクが興奮しすぎて夜中に発作を起こして
倒れた夜も、この番組を見てました。

テレビから興奮した犬の鳴き声がギャンギャン聞こえますが
フクは特にテレビを凝視してなかったので、気付かなかった。
でも、たぶん、それが原因。

土曜日夜にまた新しい放送があったので、
この番組を見ていたら、それまで比較的落ち着いていた
フクがだんだん興奮してきて、
テーブルの上のコナねこを襲い始めた。
「あっ、だめ!」と、リードを持って制しました。
そこで、気がついた。

番組内の犬の興奮した鳴き声は
人間には単なるテレビの音ですが
犬には、メッセージが伝わったんでしょうね。

フクが中にいる時は、この番組は見ません。
いない時に録画を見ます。
やっぱり、勉強にはなるよ。

さて。
昼間、外にいるフクちゃんは暇です。
カメラは、室内から拡大して撮影しています。

「このピンクのタオルケット、やっぱりキライだ」
d0248627_10592986.jpg

入り口辺りが凍りついてるので、なかなか
引っ張りだせません。
d0248627_1105682.jpg

カメラに気付きました。
「…べ、別に、なんにも?」
d0248627_1113987.jpg

しらばっくれるんですよ、この子。

さて、借り暮らしの源さんも日に日に元気になってます。
d0248627_1141919.jpg

早朝、犬猫ボランティアWARPのメンバーさんが源さんの
世話をしてくれる前に、私とフクが行って
ゲージに入ってる源さんをちょっと出して、ご飯と水を上げます。

源さんは、おすわりと待てができます。
オヤツを上げる時に源さんに「おすわり」をかけましたが
ハラが減って、それどころでない様子。
立ち上がって「オヤツ!オヤツ!」と騒いでます。

すると、源さんの後で「おすわり」してたフクちゃんが
源さんの腰にポン、と片手を置いて
「おいちゃん、おすわりだって!」

なんか、普段は落ち着きのないフクが
妙に冷静で、おっかしかった!

落ち着いてる時は、フク、いい子だよホント。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-06 11:09 | フク

源さんとフク

いつも見ているスカパのナショジオチャンネル
「ザ・カリスマドッグトレーナー」で
シーザーさんが、問題犬を扱う時に
安定した年上の犬と会わせて、落ち着いた行動を
見せてまねさせる犬教育を実施しています。

そこで。
今ちょうど借り暮らしの源さんが
うちに間借りしているので、フクの散歩ごとに
源さんに会わせるように心がけています。
d0248627_14483763.jpg

源さんは右目が見えませんが、穏やかな犬。
フクが寄っても気にしません。
d0248627_1449482.jpg

…いや、フクが寄っても気にしない、つーか。
源さん、私が持っているおやつにしか興味なし。
フクに興味なし。
d0248627_14511782.jpg

フクが、源さんに手を掛けて乗り上げても
全く感じていないようです。
ピチピチギャルが、パンツも履かずに
目の前うろうろしてるのに。
d0248627_14531715.jpg

うるさがられすらしないのって、ナンかショック。
d0248627_14541469.jpg

ご飯、食べようっと。
d0248627_14563185.jpg


さて、「フク興奮させないミッション」は続いています。
源さんに会っても、全然興奮しない(笑)けど
室内でコナやソラを見ると、相変わらず興奮マックス。
襲ってます。
d0248627_1458955.jpg

こういう時にリードがついていると、私がリードを引いて
フクをやめさせます。
すると、本格的な興奮スイッチが入る前に
早く落ち着く事ができる…らしい。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-03 15:43 | フク

昨夜はリードで落ち着いたフク

おととい1月30日の深夜に、謎の発作で立てなくなったり
ボーっとしたりの症状がでたフク。

日中からずっと興奮状態で、夜に室内に入れてから
更に興奮させてしまった事が原因でした。
てんかんかと思ったりもしましたが、
日常の症状がないし、倒れた時にも
「ひきつけ」はなかったので
たぶん違うと思います。

正確な病名はわからないけど
いわゆる「ヒステリー症状」だったのではないかと。

で、あれば。
室内に入れた時に、落ち着かせるツールがあれば
うまく制御できるかも。

と言う事で、普段は中に入れたらはずすリードを
昨夜はつけっぱなしにしてみました。
d0248627_1818846.jpg

まず、リードをつけたまま固定してご飯を食べさせました。
気をそらさずに、全部食べるまで私も付き合いました。

その後は遊びタイムです。
リードはしたままで、自由に遊ばせますが
コナを追っかけたり、ソラを噛んだりしたら
リードを押さえて、やめさせます。

私もおもちゃを引っ張りっこしたり
イルカさんを投げたり、
一緒に遊んでやりますが、それはいつも通り。

すると、ですね。
昨夜はすごく落ち着いていて、
室内の物や本を荒らさなかったし
猫も追わなかった。
d0248627_18253937.jpg

気がついたら、フクの場所であるソファの上で
静かに寝てた。

もしかしたら、今まで室内で自由にしている時に
どうしていいのか自分でわからなかったのかも。
それでむやみに興奮していたのかも。

リードがついてたら、
「中にいても、この人に従えばいいんだ」ってわかったのかなあ。

興奮さえ鎮まれば、発作も起きないし
私も猫たちもフク本人も幸せです。
まだ様子見ですが、
この方法で、少しやってみます。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-01 18:27 | フク