<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フクはなんか発作起こしました!

昨日は、昼間からずっと興奮しっぱなしだったフク。
小屋から座布団を引きずりだしてます。
d0248627_1632065.jpg

「フクの座布団をフクがどうしようと勝手でしょ!」って顔。
d0248627_16334094.jpg

座布団を小屋の中に入れようとする私を阻止するフクちゃん。
d0248627_1635266.jpg

「だめ、絶対!」
なんでやねん。
d0248627_16361254.jpg

座布団を8の字に振り回しています。
d0248627_16371072.jpg

噛みなおして
d0248627_16381781.jpg

宙を舞う座布団。
d0248627_1639125.jpg

少し落ち着きました。
d0248627_1640111.jpg

何にイライラしているのかわかりませんが、興奮しています。
d0248627_1641196.jpg

しばらくして見たら、外で座布団の上で昼寝していました。
d0248627_16422078.jpg

でも、昼間も山に向って吠えてました。
鹿かキツネか、野生動物がフクには見えるらしい。

そして、この晩はひどかった。

閉店後の散歩をして、フクを中にいれた後の事。
私もいぬねこ達もご飯も食べて、買い物に行かず
シーザーさんの「カリスマドッグトレーナー」録画を見ながら
フクが落ち着くようにゆったり過ごしてみたんだけど、
フクの興奮はエスカレートしてました。

コナねこを襲って、頭を噛んでそのまま
床をひきずり回しています。

ソラくんなら戦うんだけど、コナちゃんは
たいした攻撃も出来ないので、逃げまどうばかり。
そうするとフクは一層興奮します。

逃げるコナを私が庇うと、フクは更に興奮。
叱ったり、手をあげたりはしないけど、自然と声は
大きくなるわなあ。
だんだん猫達も興奮してきて、コナがソラを
冷蔵庫の上まで追いかけたりしています。

これはいかん、と、とりあえず寝る事にしました。
私が寝ると、いぬねこも皆おとなしく一緒に寝るので。

2時間くらい静かに寝てたかな。
夜中に起きて、私がトイレ。
ついでにフクもトイレで、外に出ました。

そしたら、山に向ってワンワン吠えるフク。
またキツネか、はいはい。
フク、中に入るよ、さむいから!

と思った瞬間、フクが「ギャワン!」と鳴いてその場に伏せました。
なんだ?
「行きたくない」ってダダをこねてるのかと思って
リードを引くと、「ギャンギャン」言ってその場でもだえました。
寝たままグルグルと周ってる。
10秒くらいかな。
足か腹を痛めたような感じでした。

周るのはすぐ収まって、伏せてるので
噛まれるかな、とは思ったんだけど
脇に手を入れて、そっと立たせてみたら
自力で立てたが、ボーっとしてる。

歩けないので、だっこして玄関にいれました。

もう一度たたせたら、今度は歩いて
室内に入りました。
そのあと3分くらいボーっとしてた。
「フク、だいじょうぶ?」と声をかけたら
だんだん治ってきて、普通に歩き、水も飲んだので
また寝ました。

…これ、てんかん発作なのかな。

朝から寝るまでずっと興奮状態だったので、
脳が痙攣したのか。
この興奮はどうやったら収まるのか。

今日もそろそろ閉店の時間です。
今夜は、いつもよりもちょっと長めに散歩してみます。
私がコナを庇うと、フクは余計興奮するので
ねこといぬの事は彼ら自身にまかせてみよう。
ほったらかしても、怪我をするってことはないので。

まだまだ試行錯誤は続きます。
いろいろあるよ、フク育児。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-31 17:55 | フク

「ねこのおいちゃんにかじられた!」byフク

ソラくんとフクちゃんは仲がいいつーか
不思議なつながりです。(2011.7.24)
d0248627_18211361.jpg

フクがまだ子犬の時からずっと
ソラくんはフクのそばにいて(2011.8.18)
d0248627_17312655.jpg

頭を噛まれたりしています。(2011.9.21)
d0248627_1733250.jpg


さて、現在。
フクは、ソラくんの3倍くらいの大きさになり
相変わらず頭を噛んでいます。(2012.1.5)
d0248627_17524521.jpg

夜に、閉店してからフクを中にいれると
たちまち戦いが始まります。
d0248627_17581679.jpg

おいちゃんが優勢な時もある。
d0248627_1759328.jpg

でも、結局追い込まれるソラ。
d0248627_1802558.jpg

テーブルの上に乗って、優位に立つソラくん。
d0248627_1812715.jpg

フクは、北海道犬の血を引いているような気がするので
獲物を追うのは本能なんですな。
追われるほうはたまったもんじゃないけども。

しかし、最後の最後にはソラが勝つ。
今日、決定的写真が撮れました。
フクちゃんが午前中の散歩の時に、中に入ったらソラくんがいた。
d0248627_1842516.jpg

ソラくんの頭を噛んでます。
d0248627_1851931.jpg

すると、ソラくんがフクの喉元を噛みました。
d0248627_1861054.jpg

逃げようとするフクを、がっつりホールドしてなおも噛むソラ。
d0248627_1871937.jpg

フクは「ぎゃうんぎゃうん」と泣いてギブアップ。
逃げたフクを見据えるソラ夫さん。
d0248627_1883920.jpg

お互いに絶対ケガはしないので
私は決着がつくまでだまって見ています。
いや、面白いし。

フクちゃんは、犬同士のつきあいがないので
犬としての社会性をもっと学ばねばならんのですが
こうして猫と暮らして、ソラくんが相撲を取ってくれて
よかったと思います。

どうしても敵わない相手がいる、って
子供には大事な事だよね。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-25 18:11 | フク

自分ちをかじるフク

今日はすぐに溶けて雨っぽい雪でした。
前の雪が残ってツルツルなところもあるから
すべりそうでコワい。
それまでは晴天続きで、散歩も行きやすかったのに。

天気が良かった時の、昼下がり。
暇にかまけて、自分の家の屋根をかじるフク。
d0248627_17363292.jpg

かなり熱心に噛んでます。
d0248627_17373414.jpg

私は、家の中からズームアップして撮影しています。
気付いていないフクちゃん。
d0248627_17385276.jpg

こうして見ると、フクはけっこうナイスバディだなあ。
遠吠えしてるオオカミみたい。

と、思って見ていたら、こっちに気付いた。
d0248627_17401656.jpg

家かじっててバツが悪かったのか、素知らぬふり。
d0248627_17413851.jpg

ちょっと前までは、私が中から見ているのが分かると
ギャウンギャウンと泣いてたのに。
d0248627_17424931.jpg

中身もちょっと大人になりました。
d0248627_17433522.jpg

もう少しがんばったら、もっと落ち着いたいい犬に…

道のりは遠い気もするけど。

昨日、夜にフクとねこ達を留守番させて買い物に出た。
帰ってきたら、フクちゃんは
昭和28年発行三省堂コンサイス和英辞典と
未使用のハガキプリント用紙をビリビリに
破いていました。

辞書は現役で使っていたので
つい「何してくれてんの!」と声を荒げて怒りましたよ。
亡き父のものだしなあ。

でもま、やっちまったものはしょうがない。
ビリビリのページを全部拾って、
そのうちパズルのように修復しよう。
諦めました。

そしたら。
フクが、自分の一番好きなイルカのおもちゃを
くわえて、私の所に置きました。

「おばちゃん…これ…」

どうも、「これで遊ぶと、楽しいよ?」って
感じらしいです。

前に、ソラ夫さんが怒ってた時にもフクは
イルカをくわえてソラくんの所に持って行き
「おいちゃん…これ…」って。

フクにとって、イルカさんがそれほど
大事な物だって事もわかります。
一番好きな物を貸してくれるつもりらしい。

気遣う気持ちがあるって、すごいよフクちゃん。
いい犬だよ、フクちゃん。
ビリビリやる前にそれ、発動してね。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-22 17:52 | フク

借り暮らし じいさん犬 ジジも来ました

新ひだか町犬猫ボランティアWARPさんの預かり犬
源さんに続いて、ジジもねこ食の薪小屋に借り暮らしです。

源さんは、預かっていた人の仕事の都合で
しばらくねこ食にいますが、
ジジは昨日と今日いて、明日には別の場所に移動します。
スリムでイケメンなジジ
d0248627_15391035.jpg

実は、フクちゃんはジジがお気に入りでした。
源さんに対しての怯えは、ジジにはなかったな。
面食いなんだな、フクちゃん。

午前中2回目の散歩の前のフクちゃん。
d0248627_18114454.jpg

「散歩ー!散歩ー!」
d0248627_18123399.jpg

源さんは、お天気がいいので外につながれています。
d0248627_18132756.jpg

片目が見えず耳が遠い源さんは、なかなかフクに気がつかない。
d0248627_18151375.jpg

怯えながらもフクは、源さんに近づくようになりました。
d0248627_18161042.jpg

臭いかいだり。
「おじいちゃん、くしゃい…」
d0248627_18191485.jpg

源さんは、熊牧場の熊みたいに
「立ち上がっておねだり」が出来ますが
一瞬なので、撮影した時は地面に着地しています。
d0248627_18202558.jpg

残念です。

ジジも源さんも、飼い主募集中です。
源さんはなかなかいい味だしてます。
のんびり犬ライフを送りたい方におすすめ。
ジジは、源さんよりイケメンで少し若い。

どちらも、捨てられて保護されて今日がある。
暖かいおうちに、家族に迎えてもらえたら
より幸せだと思います。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-19 18:22 | フク

借り暮らしの源さん、登場

新ひだか犬猫ボランティアWARPさんが
預かっている犬「源さん」
ねこや食堂の薪小屋の片隅で仮暮らし中。
d0248627_2232687.jpg

源さんは、三石で捨てられていたのを保護され
役場の係が預かっていたのですが
そこは山の上の吹きっさらしの場所で
係の人が一日一回食事と水を与えていたそうです。
d0248627_2237712.jpg

処分されないだけまし、とも言えますが
源さんは推定10歳越える老犬なので
それではあまりに寒かろう、と
ボランティアさんが預かっていたのです。

ボランティアさんの都合で、預かりが出来なくなったので
とりあえずねこ食の薪小屋(暖房はないけど、暖かい)に
借り暮らしとなったわけです。

源さんは、ゲージの中で暮らしています。
エサと散歩は、WARPのメンバーさんが日に3度来て
面倒をみてくれています。

さて。
フクは、普段ねこと一緒に暮らしていますが
犬との付き合いは全然ないので、これは
犬のルールを覚えるいい機会。

源さんの散歩の時に、フクも一緒に行きました。
d0248627_22384440.jpg

源さんは、右目が見えず耳も遠いので
フクの存在をまったく意に介さず。
「誰なの、あのじいさん!」
d0248627_2240044.jpg

元気なおじいちゃんの後を追うフク。
d0248627_22411315.jpg

「フクの場所で、おしっこしまくるあのじいさん、何者!?」
d0248627_22425569.jpg

それでも、お互いに怯える感じもなく、
フクがだんだん慣れてくるかなーと
思っていたら!

今日、源さん3日目。
源さんの朝の散歩に合わせて、フクもまた
散歩に行きました。
「あ…あのじいさん…」
d0248627_22471698.jpg

昨日よりも、フクに緊張があります。
源さんは、全然マイペースです。
フクに気付いていないのか。
d0248627_22491638.jpg

フクはかなり怖がってます。
d0248627_22501324.jpg

完全に怯えの姿勢。
d0248627_22504681.jpg

お昼過ぎのエサやりの時にも、フクをつれて
薪小屋に行ったのですが、
フクは源さんがいる場所には絶対近寄らないし
無理に近づけると、ガクガクブルブルと震えだしました。

吠えたりはしなかったのですが
あまり無理をしたら、喧嘩になりそうで
やめました。

人にはすごく懐っこいフクちゃんですが
犬にはすごく犬見知りをすることがわかりました。

そうだった。
フクは「大きくなったらねこになる」って言いながら
育ったんだった。
まあ、だんだんと犬にも慣れていけば
いいと思います。

源さんは、飼い主募集中です。
おじいちゃんだけど、とても大人しくていい犬です。

右目が見えず、耳が遠い。
腎臓が悪いかも知れない。
多飲で多尿なので、外飼い推奨。

源さんに穏やかな生活を与えてあげてください。
ねこ食には、暖かくなるまでいます。
まずは会いに来て下さい。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-17 22:56 | フク

「けあらし」とフク

北海道はすごく冷えてます。
毎日マイナス10度以下の早朝。

海の温度が気温より高いと発生する霧「けあらし」が
たったので、撮影しました。
d0248627_17501384.jpg

もちろんフクも外。
d0248627_17512993.jpg

雪に映る影が青い。
d0248627_17543851.jpg

先に外に出たソラくんがいました。
d0248627_1857142.jpg

ソラは、自由にそこらへんを歩いていますが、
私とフクの姿を見ると、寄って来ます。
d0248627_1858973.jpg

一緒に散歩しているつもりなんだろうな、彼なりに。

フクの小屋の周りはスケートリンク状態です。
d0248627_18593074.jpg

バケツにお湯を入れて置いても、ぶちまけて
バケツを8の字に振り回すので、やめました。
昼散歩の時に中に入って、ご飯と水を与える事にしました。
あと、雪を食べてるみたいです。

銅鍋の水もカチカチ。
d0248627_1931681.jpg


日中マイナス気温の毎日なのに、
コンパネ(未塗装、所々フクが食い破ってる)で出来た小屋に
よくいられるなあ、さすが犬だなあ。

夜は、中でヌクヌクです。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-13 19:04 | フク

日中零下真冬日のフク

今日は、晴れていますがとても寒いです。
日中の気温はマイナス6度。
フクはほとんど小屋の中で寝ています。

朝の散歩。
先にソラくんが出てました。
d0248627_14434593.jpg

フクは、おいちゃんが本当に好きです。
たまには、頭を噛まずにこうやって穏やかに付き合うこともある。
d0248627_14445436.jpg

優しい顔をしている時のフクは、ほんっとに可愛いです。

さあ、散歩さんぽ~!
d0248627_158810.jpg

ログハウスの向うの草地を一回りして、戻って来ました。
d0248627_1591688.jpg

雪のない国道を撮影するのに、フクをちょっと待たせています。
d0248627_15103930.jpg

撮影が終わったので、リードを取る私の手を噛む。
「待つのはいやー!」
d0248627_15115132.jpg

ガブガブ
d0248627_15124495.jpg

ガーブガブガブ
d0248627_1513326.jpg

アガガガガガガ
d0248627_1514443.jpg

これ、写真撮りたかったから噛ませてますが
かのシーザーさんが言うには
「やられたら、やり返すのが犬の考え」ですから
本当は、私が反撃しなければならないわけです。
じゃないと、フクは
「この手は噛んでも良し!」と思いこんでしまう。

でもさ、普段はこう言う時ちゃんと
ゲンコツを口の中に突っ込んでおしおき
してるのに、直らないよ。

さて、私の手を噛み放題に噛んで
いい感じで興奮してきましたフクちゃん。
そこにまたソラくんが。
d0248627_15211940.jpg

先ほどの穏やかさはもうないです。
頭ガブガブー!
「痛いいたい」
d0248627_15232952.jpg

ソラくん、ごめん。

フクちゃんは雑種ですが、どうも
洋犬と和犬とが混じってる感じで。
よく「北海道犬かい?」とも言われます。

北海道犬MIXだとしたら、それは熊犬だ。
一筋縄で行くわけがないのです。
まあ、私とねこたちとで穏やかに育てていくしかないのです。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-10 15:26 | フク

コナの猫パンチくらうフク

日中、外にいるフクちゃんですが
トイレタイムで散歩するついでに
中に入ってごはんを食べます。

コナがいたので、頭をかじりに行きました。
d0248627_16225521.jpg

いい笑顔です。
でもほら、コナちゃんは臨戦体制だ!

「狼藉者!」
(びしっ!)
「ぐはぁ!!」
d0248627_16253450.jpg

殴って逃げたコナを追うフク。
d0248627_16263511.jpg

コナは、ソラくんみたいに大人しく頭を噛ませたりは
しないので、フクもちょっとおっかなびっくりで
ちょっかいだしてます。

昨日スカパ「ナショナルジオグラフィックチャンネル」で
「ザ・カリスマドッグトレーナー シーズン4」が始まりました。
犬のしつけに悩むアメリカの人々が、シーザーさんの
教えに従って、飼い犬と生活をやり直すという番組です。

参考にしたいシーザーさんの言葉

「犬と飼い主の関係は、散歩で深まる」

「目を見ない、怒らない、毅然とする」

「たとえ5cmの犬でも、犬らしい生活をさせる」

「犬に仕事をさせる」

「犬と触れ合う時は、まず飼い主がリラックス」

問題行動をする犬に向かって
「どうしてそんな事するの!だめでしょ!」と
騒いでも、犬は余計パニックになるばかり。

落ち着いて、群れのリーダーとして
毅然と正す。
これが、言葉ではなかなか難しいですが
番組を見て、シーザーさんの真似をすると
けっこう上手く行く。

とはいえ、フクはまだまだ相当な事を
ケロッとして下さいます。
ここに書けない出来事がいろいろあります(笑)
それをみて、私もパニクる。
喜ぶのか怖がるのか、逃げ回るフクちゃん。

そういう時は、とにかく深呼吸して
私が落ち着く事が肝心なのですな。

それにしても、室内犬飼ってる人は
どうやって、しつけてるんだろう。
フクみたいに、半日だけ室内犬でも
相当大変なんだけど。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-08 16:44 | フク

あけましておめでとうございフク

新年も早くも5日目。
あけましておめでとうございます。
今年もタラフクブログ、そしてコナソラブログを
よろしくお願いします。

大晦日。
フクを連れて実家で年越し。
午後5時から行って、最初はオリコウだったんです。
テーブルの上のご馳走を狙って
「おすわり、おて、おかわり、ハイタッチ」を連発。
腹いっぱいになると、おもちゃで遊んだり。

でも、4時間くらい経って眠くなってきたら
だんだん情緒不安定に。

いつも夜は一緒のコナやソラがいないし、
お布団ないし。
なにより飽きた。

台所のゴミをあさりだしましてね。
「あっ!フクちゃん、だめ!」と
くわえていたゴミを、口の中に手をつっこんで取り出すと

た ららららら~ ♪ (オリーブの首飾りのメロディ)

フクちゃんの口から長~いラップが出てくるマジックが!

いや~、新春から病院通いになるとこでした。
てか、動物病院やってないだろ。
あぶねー

というわけで、実家で年越しならず。
小林幸子が獅子舞に食われたところで紅白ウォッチも終了。
ねこ食に戻って来たのでした。

そんなわけで、新春5日目。
フクは元気です。
d0248627_929487.jpg

朝の散歩
d0248627_9303217.jpg

散歩中は、フクと私のリーダー争いが熾烈です。
前に行きたいフクと、行かせまいとする私。
ホントはこうやって臭いを嗅ぐのもダメなんだよね。
d0248627_9324031.jpg

あっ!丸太の上にツキノワグマが!
d0248627_933495.jpg

ソラくんでした。
d0248627_9345318.jpg

おいちゃんとフク
d0248627_9354155.jpg

ログハウス前の駐車場は、雪が凍ってツルツルなところがあります。
d0248627_9365335.jpg

フクは、最近スープごはんを食べています。
米の飯を食べるお犬さま。
その割にはまあ、肥満もなく。
d0248627_9383283.jpg

遠くを飛んでいるカラスを「いつか取ってやろう」と
思って見ているところ。
d0248627_9395061.jpg

ここらのカラスは、浜が近くて美味しいものがいろいろあるのか
フクのごはんを狙ったりはしません。
今のとこは無事ですが、
巣作りのころには、もしかしたら背中の毛を抜かれたりするかも。

さて、小屋に戻って来ました。
水入れの銅鍋はすっかり凍っています。
d0248627_9414841.jpg

スープごはんを食べるフクちゃん。
d0248627_944252.jpg

銅鍋が凍ってしまったので、バケツにお湯を入れて
持って行ってるのですが、フクは毎朝そのバケツのお湯を
ぶちかまして、せっせとスケートリンクを作っています。
毎朝、氷はだんだん厚くなってきます。
やめれ。

ピンクのタオルケットはもう外に出さずに
ちゃんと使っているようです。
d0248627_9462152.jpg

まだまだ冬は続く。
がんばろう。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-08 16:18