カテゴリ:フク( 227 )

7月20日、小屋を今の位置に移動

フクちゃんキャッチアップ再開です。
早く現在に追いつきたいです。

7月19日
ヤナギの木にひっかかっては悲しく泣くフクちゃん。
やっぱり小さいヤナギを切るわけにはいかないので
小屋の場所を移動する事に決めました。
まだヤナギの下の場所にいるフクちゃん。
d0248627_1411365.jpg

挑戦的な目つき。
d0248627_1431648.jpg

甘噛みも遠慮がありません。
d0248627_144611.jpg


7月20日
今度の場所は、入り口が店の窓の方を向いているので
いろんなものにひっかかったりしてもすぐに判るし、
フクからも中が見えるので、なによりフクが安心します。
新しい場所の犬小屋はこんな感じ。
d0248627_146092.jpg

しかし、パンケースで出来た柵にひっかかって泣いてます。
d0248627_1482199.jpg

行くも帰るも出来ず。
d0248627_1492791.jpg

このパンケースはすぐに撤去しました。

この日、妹が姉妹犬クロちゃんを連れて遊びに来ました。
13日の譲渡会以来、1週間ぶりに再会。
(WARPさんに聞いたらお母さん違うらしい。姉妹じゃなくて従姉妹くらいですね)
クロちゃん持参のご飯を一人でたいらげるフクちゃん。
d0248627_14111193.jpg

「ええ~、全部食べるの!」
d0248627_14121657.jpg

クロも慌てて参戦しますが、もうほとんどないです。
d0248627_1413218.jpg

フク、なんだか一回りでかいです。
d0248627_14143313.jpg

クロちゃんのアップ
d0248627_14151215.jpg

フクよりも大人しくて、いい子です。

さて、腹ごしらえも出来たので(フクが)今度は相撲ですわ。
d0248627_1432338.jpg

d0248627_14335581.jpg

d0248627_14361028.jpg

d0248627_14365796.jpg

フクもクロもあんまり吠えない犬なので、無言でやってます。
d0248627_14383214.jpg

d0248627_14335581.jpg

d0248627_14394385.jpg

d0248627_14403787.jpg

15分ばかり取っ組み合って、疲れました。
d0248627_14414611.jpg

d0248627_1442345.jpg

クロちゃんはまったりした犬。
d0248627_14432130.jpg

この夜は、フクちゃんも夜に騒がずぐっすり寝ました。
12匹いた譲渡会の子犬のうち、
フクちゃんとクロちゃんはまた会える。
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-28 14:16 | フク

荒ぶる子犬 フクちゃん

さあフクちゃんキャッチアップ。どんどん行きましょう。
7月18日の早朝の写真です。
荒ぶる子犬、フクちゃんが室内でおもちゃを相手に荒ぶってます。
d0248627_1950756.jpg

d0248627_19504711.jpg

まだ歯は細いし、人に対して本気噛みはしません。
しかし、こうしておもちゃを噛むと放しませんよ。
d0248627_19521277.jpg

d0248627_19525699.jpg

もらってきて6日目なのに、もう赤ちゃんらしさがだんだん薄れてる。
d0248627_1954668.jpg

でも、こんな風だとまだまだ子供さんです。
d0248627_19552117.jpg

瞳はあどけない。
d0248627_19561354.jpg

ご常連どーまにさんがくれた、噛むとプープー鳴るおもちゃがお気に入り。
d0248627_19572417.jpg

私も、これがプープー鳴っていると「ああ、一人で機嫌よく遊んでくれてる」と思って
ホッとしてましたよ。
そうでない時は不満げに泣くか、ダンボール箱の寝床を噛むか、
床に敷いたペットシーツや新聞紙をめちゃめちゃにしている…

いや、こう書くととんでもなくバカ犬のようですが、そんな事はありません。
そこそこ賢い子で、お座りとかお手もなんとなく出来る。
ただ、犬の特性として荒ぶる性質な子らしいです。
体力が有り余っていて、それが発散できないストレスみたいですな。
元々、野外で育った犬だしなあ。

午前中からまた外の小屋につなぎました。
d0248627_2011042.jpg

さっそく、小さい方のヤナギの木にひっかかって、悲しいフク。
d0248627_2022499.jpg

悲しいんだけど、笑顔に見えるんだよなあ。

フクちゃんは気のいい、元気な子犬です。
これ、ほんとに街中やマンションでは飼えないタイプの
犬ですね。
ここら辺で「そういえば舌に斑点がある犬は北海道犬の血を引いてる」と
思い出して、もしかしたら…と思いついた。
北海道犬の雑種なら、この有り余る体力にも納得がいくのです。
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-25 20:06 | フク

フクが日に日に大きくなる経過

このタラフクブログができるまで、フクちゃん情報は
ねこや食堂日記に仮住まい的に書いていました。

7月13日
子犬譲渡会でもらってきたばかりのフクとクロ

7月14日
まだ寝てばかりいるフク、首輪とリードをする

7月15日
雨で、まだ室内犬

7月16日
大雨で、室内犬。かなり元気を持て余し甘噛みするようになりました。20分だけ外犬訓練。

7月17日
雨がやんだので、朝に犬小屋設置。午前中だけ外犬。

7月18日
午前中、外犬。ヤナギの木にリードがぐるぐる。

7月19日
午前中は小屋で昼寝できた。午後からは出たり入ったり。だんだん外犬化。夜は室内犬。

7月20日
小屋の場所を移動。クロちゃんが遊びに来た。

とりあえずの記録ですが、リアルタイムで書いているので貴重だよね…
さて、それでは遡って7月17日のフクちゃん
d0248627_19245915.jpg

d0248627_19253926.jpg

もらってきてまだ5日目だというのに、この頃になると
「荒ぶる子犬」という二つ名がぴったりになってきました。

前日までの大雨で、外にトイレしに行くくらいで散歩もままならず
体力を持て余したままどんどん成長するフクちゃん。
雨がやんだので、タラいぬが使っていた古い小屋を移動して
ヤナギの下に設置しました。
d0248627_19285479.jpg

以前置いていた場所はよかったんだけど、周りに木を植えちゃったし
店の前の方なので、見易くていいかな、木陰だし。
しかし。
大きいヤナギは大丈夫だったんだけど、小さいヤナギの木にひっかかりまくるフク。
d0248627_19311166.jpg

その度に、すごく悲しげな声で鳴く、というより泣く。
午前中はなんとかがんばりましたが、午後からはまた室内犬。
ものっすごく不満げです。
d0248627_19325426.jpg

腹を立てて、床に敷いている新聞紙やペットシートをビリビリに噛んでます。
そして暴れる。荒ぶる子犬フク。
構ってやって、お腹を揉んだら落ち着きました。
d0248627_19395037.jpg

この頃は、私も猫たちもホントに「早く外で暮らせるようになってくれないかな」と
思ってましたよ。
アライグマがいるから夜は無理でも、昼間だけでも外で過ごしてくれればなあ。
でも、フクちゃん自身ももう、中にずっといるのは退屈で無理だったみたいです。
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-25 19:36 | フク

もらってきた次の日からしつけ対策

7月14日、雨でした。
フクちゃんは朝からリードと首輪をして、つながれる生活に突入。
生まれてこのかた牧場で放し飼いになっていたフクちゃん。
なんかもうグッタリです。
d0248627_19303133.jpg

時々外にいってはトイレタイム。
頭が雨で濡れてます。
d0248627_19332160.jpg

d0248627_19335135.jpg

d0248627_19354871.jpg

まだこんなに小さい。
d0248627_19345199.jpg

歯もまだ小さいですが、それなりに鋭いです。
甘噛みですが、いろんな物を噛んでます。
d0248627_1938620.jpg

人の手も噛むので、今のうちに叱って噛まないようにした方がいいのかな?
いろいろ迷う私。
トイレもわりと頻繁で、犬の子育てはこんなに大変だったかな?

考えて見たら、前に飼ったタラ姐さんは拾われた時、もっと大きかった。
生後2ヶ月の子犬を扱うのは初めてだったのでした。

とはいえ、これから店で暮らしていく犬になるんだから
あんまり甘やかしてはいけない。
迷いながらの子育て中に、お店が忙しくなる連休突入。
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-24 19:44 | フク

フクちゃんが来た! 初日その3

7月13日(水)フクちゃんが来て1日目の、まだ午後です。
d0248627_21201847.jpg

ちょっと昼寝して、午後3時頃おしっこするために外に出しました。
まだ首輪もリードもなし。(この夜買って来ました)
d0248627_21222392.jpg

すぐに腹を見せる子です。
d0248627_21251331.jpg

d0248627_21254268.jpg

そもそも、子犬譲渡会でも初対面でこの状態でした。
人懐こさもあったし、警戒心は薄いなあ。
おしっこうんこをして(以来ずっと外でするようにしています)
またゲージの中でまったり。
d0248627_21275983.jpg

いかにも子犬らしく、両手両脚ぺったりです。
d0248627_21284618.jpg

そのまま眠りました。
d0248627_21301725.jpg

d0248627_21304792.jpg

これを書いているのは、もらってきて11日目の7月23日ですが
もうかなり大きくなって、こういう寝方はしないなあ。

眠るフクちゃんを見に行ってるソラくん。
手前の黒いのがソラねこですね。
d0248627_21324391.jpg

実は、このストーブ柵をつかったゲージは小さいフクには
脱出可能の意味なし柵でした。
夜にリードと首輪を買ってきて、翌日からはいよいよ
生まれて初めてリードにつながれる生活が始まるのです。

翌日のフクちゃん。
d0248627_21354290.jpg

首輪して、つながれて、涙目。
ちょっとふてくされてます。
d0248627_2139431.jpg

すでに私とフクちゃんの「しつけ」という戦いは
始まっていたのだった。

7月14日につづく
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-23 21:40 | フク

フクちゃんが来た! 初日その2

7月13日(水)子犬譲渡会で私がフクちゃんを、妹がクロちゃんを
もらってきました。
車酔いでなんだかすごかった2匹はきれいに洗ってもらって
ご常連SHOさんの車でねこや食堂へやって来ました。

ダンポールに入れられて運び込まれたフクちゃん。
黒いので見えませんがクロちゃんも一緒にいます。
まずソラくんが中を確認。意外と冷静。
d0248627_22225965.jpg

アライグマも懸念要因でしたが、先住ねこコナとソラの反応も心配でした。
ソラくんが特に。わりと大丈夫らしい。
d0248627_22243486.jpg

次はコナが箱の中をチェック。
d0248627_22255376.jpg

コナはむしろ喜ぶのかと思ってましたが、こちらも意外とクールでした。
d0248627_2227480.jpg

フクとクロは再び車酔いでぐったりしていて、ねこに反応なし。

木製のストーブ柵をとりあえずゲージの代りにしました。
クロちゃんはストーブ柵と机の間に収まって、ぐっすり寝ています。
コナがチェックしています。
d0248627_2231568.jpg

コナはストーブ柵の中に入って、眠る子犬達をしばらく見ていました。
d0248627_22321683.jpg

でも、母性とかじゃなく、ただ珍しいから見ていただけって感じがします。

妹がホームセンターで犬を飼うのに必要なあれこれを買ってきて
クロちゃんを家に連れ帰りました。
フクは、今朝まで家族の群れで暮らしていたのに一人ぼっちになりました。
しかも、ぐっすり眠っているうちに。
d0248627_22345253.jpg

d0248627_22353880.jpg

しかし、当初から食い気はすごかった。
d0248627_22374694.jpg

こぼしたカリカリを一粒残らず拾って食べるフクちゃんと、それを見つめるコナ。
d0248627_22391867.jpg

顔はすごく可愛らしいけど、意外とやんちゃで大食漢でした。
d0248627_22411969.jpg

1日目にして、私は育児に疲れた…
最初の夜は外に出さずに、ずっと室内で。

つづく
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-21 22:42 | フク

フクちゃんが来た! 初日その1

2011年7月13日(水)
新ひだか町犬猫ボランティアWARPさんたちの主催で
静内目名のドッグラン&カフェHARUにて子犬譲渡会が行われました。

昔飼っていたタラ犬を亡くしてから、犬はしばらく飼わなかったんだけど
そろそろほしいかな、と思っていたところです。
しかし最近、店の床下にアライグマが住みついたので
ちょっと躊躇していたら、うちの妹が飼うというので私も行きましたよ。

子犬達がちょうど到着した時に行きました。
皆、車酔いしてゲージ内は大変な事に(笑)
開始15分前でしたが、私達の他にも5名くらいお客さまが来てました。

生後2ヶ月の子犬達のゲージ
d0248627_1024346.jpg

生後半年の大きい子犬たちはドッグランの中に放してました。
d0248627_10264483.jpg

子犬は大小あわせて12頭。
どの子も丸まるフクフクして可愛いです。
女子の方が多かったんですが「女の子は手術しないといけないからねえ」と
男子を希望する方も結構いました。

育てるにはちょっと小さいかな…と思ったんだけど
この位じゃないと、たぶん先住猫のコナとソラが納得しないだろうとも
思った。もうちょっと待ってしまったら、犬はきっとすぐに大きくなって
特にソラくんは受け入れられずに家出するかも知れない。
タイミングは今だ、と。

私は茶色い子を、妹は黒い子をもらってきました。
d0248627_10282032.jpg

実は、もらう事を迷っている時から、名前はもう決まってた。
先代タラのあとで、しかも魚シリーズの名前。
だとしたらフグを下関っぽくフクと呼んで、タラと続けると
「タラフク」
これしかない、と思いました。

先代タラはこんな犬。
d0248627_10412325.jpg

d0248627_1042337.jpg

d0248627_10433119.jpg

フクちゃんも、タラみたいにノンビリまったりしたいい犬に
育ってほしいな。
私もがんばります。

つづく
[PR]
by tara3huku3 | 2011-07-21 10:44 | フク