2012年 08月 03日 ( 1 )

阿波踊りVSフクちゃん

夏まっさかりの北海道日高です。
先週は暑かった。30度越えたもん。
や、暑いから!
死ぬから!

暑い中、大あくびのフク。
この夜に、パニックに陥るとも知らずに。
d0248627_22154831.jpg


去る7月27・28日は、しずない夏祭りで
御幸通りでは阿波踊りパレードが行われました。

静内は明治時代の初めに、淡路島の洲本藩から
移住団が来まして、その多くが阿波徳島の出身で
あったそうです。

そういうご縁で、阿波踊りが毎年開催されています。
夏祭りが近くなると、どこからか阿波踊りの練習で
鳴り物が聞こえてきます。
踊り手も見事なので、見たいと思いつつ去年も見られなかった。

だいぶ落ち着き、大人しくなったフクなので
今年は大丈夫かな?とチャレンジ。
だめそうだったら、すぐ撤収する覚悟で。

夜7時ちょっと前に、パレード会場の御幸通りに到着。
沿道はすでにすごい人です。
お子さん達もたくさんいて、フクはもうビビッています。
d0248627_22181625.jpg

シャッターの降りたお店の前に、小さく座って
人の波をやりすごしています。
フクはかなり我慢しました。がんばりました。
d0248627_22201734.jpg

しかし。

7時ちょうどくらいに、阿波踊りがスタート。
鐘や太鼓、笛などの鳴り物が鳴りだすと
フクはもうだめで、建物と建物の隙間に逃げ込もうとします。
d0248627_22285227.jpg

阿波踊りの一群が目の前に来て、限界が来ました。
パニック起こして、リードを振り切って逃げられたら
この雑踏、しかも初めての町、しかも阿波踊りの最中で
絶対見つからないと思います。

フクがまだ正気を保っているうちに
戦線離脱しました。
まるで地を這うような低い姿勢なのに、すごいスピードで
来た道を戻るフクちゃん。

そのまま、静かな住宅街を散歩しました。
遠くからお囃子の音が聞こえるけど、
それは別に大丈夫らしいです。

でも、これでもう、雑踏と阿波踊りは
トラウマ作っちゃったなあ。
失敗しました。むむむ、すまん。

翌日。
またまた暑い一日。
のんびりしてるフクちゃん。
d0248627_22302185.jpg

もう昨夜のパニックは完全に忘れています。
d0248627_22321138.jpg

でも、この夜も阿波踊りパレードはあった。

前夜のフクのパニックぶりはかわいそうでした。
だからこの日は、まつり会場から離れている
いつもの河川敷で散歩をして
阿波踊りパレードは見ないで、スーパーで買い物をし、
帰ってきました。

しかし、交差点に差しかかったところが
ちょうど阿波踊りの起点となる場所で。
「なんか鳴ってる!こわい!」と
フク車内でパニック。

フクが乗ってる助手席の方から、
お囃子が聞こえてくる!
すぐそこに!

落ち着けフクちゃん!
交差点には交通整理のおまわりさんがいるよ!

私とかハンドルを乗り越えて、運転席側に逃げようと
するフクは、ハンドルに乗った時にクラクション鳴らしました。
交通整理の警察官は、完全に不審車として見てる…
ああ…

でも、犬は切り替えも早いから。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-08-03 22:41 | フク