2012年 07月 24日 ( 1 )

ご常連が「フクちゃん病気?」と聞くくらい落ち着いたフク

フクは小さい頃からすごく興奮脳の犬で
僅かな事ですぐに興奮し、
荒ぶる子犬でした。
(荒ぶってる当時のフクちゃん)
d0248627_155222100.jpg

d0248627_1554749.jpg

d0248627_1611461.jpg

しつけでいろいろ悩んだ頃。
叱ってもなお興奮するし、「まだ子供だから」とも思ったり、
このまま大人になったら手に負えなくなるとも思ったり。

で、ナショジオのテレビ番組「カリスマドッグトレーナー」を見て
シーザーさんの言う「規律・運動・愛情」と
「目を見ない・話しかけない・さわらない」を実践して
散歩に時間をかけるようになってから、すっかり落ち着きました。
それは今年の5月からですねえ。

今はもう落ち着いたフクの静内河川敷散歩。
d0248627_1652876.jpg

シーザーさんが言うには、散歩というのは犬の運動や
自由時間というより「飼い主との旅」を犬も楽しむ事だそうです。
d0248627_1610571.jpg

だから、臭いを嗅がせたり遊ばせたりせずに(それは別の時間に)
一緒に歩く事に集中させるのが、飼い主との絆を深める。
そこんとこは、まだまだ。

なにか発見。
d0248627_1612899.jpg

猫の姿勢で待つフク。
d0248627_16141671.jpg

近づいてきた。
d0248627_1614512.jpg

いつもすれ違うおばあちゃん犬2匹でした。
通り過ぎるのを吠えずにじっと待ってた。
d0248627_16162118.jpg

川のふちを歩きます。
d0248627_16183363.jpg

静内に、河川敷の公園があってよかった。
ゆっくり歩けるし、他の犬にも会えるし、人と挨拶も出来る。
d0248627_16242538.jpg

往復2km歩いて、帰る頃には私がグッタリです。
フクはあと2kmはいけそうだ。
d0248627_16314133.jpg

午前中も午後も、ぐっすり昼寝しています。
足、ばってんこ。
d0248627_16325485.jpg

起きました。
d0248627_16352675.jpg

前なら、この時点でもう「フクどっかに連れてってー!ギャワンギャワン!」
だったんだけどな。
本当に、落ち着いてよかった。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-07-24 16:37 | フク