2012年 01月 22日 ( 1 )

自分ちをかじるフク

今日はすぐに溶けて雨っぽい雪でした。
前の雪が残ってツルツルなところもあるから
すべりそうでコワい。
それまでは晴天続きで、散歩も行きやすかったのに。

天気が良かった時の、昼下がり。
暇にかまけて、自分の家の屋根をかじるフク。
d0248627_17363292.jpg

かなり熱心に噛んでます。
d0248627_17373414.jpg

私は、家の中からズームアップして撮影しています。
気付いていないフクちゃん。
d0248627_17385276.jpg

こうして見ると、フクはけっこうナイスバディだなあ。
遠吠えしてるオオカミみたい。

と、思って見ていたら、こっちに気付いた。
d0248627_17401656.jpg

家かじっててバツが悪かったのか、素知らぬふり。
d0248627_17413851.jpg

ちょっと前までは、私が中から見ているのが分かると
ギャウンギャウンと泣いてたのに。
d0248627_17424931.jpg

中身もちょっと大人になりました。
d0248627_17433522.jpg

もう少しがんばったら、もっと落ち着いたいい犬に…

道のりは遠い気もするけど。

昨日、夜にフクとねこ達を留守番させて買い物に出た。
帰ってきたら、フクちゃんは
昭和28年発行三省堂コンサイス和英辞典と
未使用のハガキプリント用紙をビリビリに
破いていました。

辞書は現役で使っていたので
つい「何してくれてんの!」と声を荒げて怒りましたよ。
亡き父のものだしなあ。

でもま、やっちまったものはしょうがない。
ビリビリのページを全部拾って、
そのうちパズルのように修復しよう。
諦めました。

そしたら。
フクが、自分の一番好きなイルカのおもちゃを
くわえて、私の所に置きました。

「おばちゃん…これ…」

どうも、「これで遊ぶと、楽しいよ?」って
感じらしいです。

前に、ソラ夫さんが怒ってた時にもフクは
イルカをくわえてソラくんの所に持って行き
「おいちゃん…これ…」って。

フクにとって、イルカさんがそれほど
大事な物だって事もわかります。
一番好きな物を貸してくれるつもりらしい。

気遣う気持ちがあるって、すごいよフクちゃん。
いい犬だよ、フクちゃん。
ビリビリやる前にそれ、発動してね。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-01-22 17:52 | フク