厳寒の静内川散歩は続く

毎朝毎朝、フクと私は二人で
八甲田山行軍みたいな散歩をしています。

去年の冬もフクはいたから、散歩はしていたんだけど
こんなに距離を歩いていなかったから
もっと楽だった。
でも、しつけには悩んでました。
ちなみに2011年12月のブログはこちら

写真を貯めてしまったので集中的にUP.
12月17日
静内河川敷の白鳥が、よその奥さんに餌をもらっている場面に
初めて遭遇。
d0248627_13495240.jpg

きゃっきゃうふふって感じの白鳥たち。
d0248627_13502582.jpg

私たち手ぶら組が歩いているときの
「なんか置いていかんかいこらぁ!」って言う恫喝はありません。

さて、この日はお天気がよかったので
フクは庭で遊んでいます。
木の上を一心に見つめるフク。
d0248627_13543689.jpg

かなり真剣です。
d0248627_13553425.jpg

いったい何を、と言うと、
何を思ったかソラ夫さんが木登りしていたのでした。
「おいちゃん、かっこいい」
d0248627_13562939.jpg

本当は、ソラが木から下りるのを待って、
相撲を仕掛け、頭を噛みたいと思っているフクでした。

続きまして、12月20日。
この日は、重々しい雪雲がすごい青い色で
きれいだったのです。
d0248627_1483298.jpg

寒いし、新雪で歩きづらい。
d0248627_1493083.jpg

気温はマイナス10度くらいです。指が痛い。
d0248627_1410181.jpg

携帯で写真を撮っていますが、操作をするのに手袋を
はずすと、しばらく指が冷たくてかなり厳しい。
そんなに寒いっつーのに、川に入る気満々のフク。
d0248627_14114857.jpg

この日は、天然記念物オジロワシも一羽いました。
飛んでるところ。見えないけど。
d0248627_14124299.jpg

フクは鴨を獲りに川にはいります。
d0248627_1413182.jpg

いや、冬の川の色はきれいだよね。深い色だ。
でも、私は川に入りたくない。
d0248627_14145528.jpg

紐でつながってる私にはおかまいなしに
鴨を獲ろうとするフク。
d0248627_1416491.jpg

川に入ったって、鴨獲れるわけないじゃん!
でも、フクはチャレンジが大事だと考えているようです。
「結果が問題じゃない、プロセスが重要なんだ」
ええ~
d0248627_14172123.jpg

日の出の時間なのに、空の色はこんなです。
d0248627_14181689.jpg

こういう景色を見ると、真冬早朝の散歩も
悪くないか、とは思う。
d0248627_1419081.jpg

でも、川には入りたくない。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-12-25 14:20 | フク


<< クリスマス寒波到来中! 白鳥に脅され気味のフク >>