フクがクロちゃんの背中を噛んだ。

10月23日にクロちゃんが来て、早1週間。
妹の手術の経過は良いのですが、患部が膝と言うこともあり
クロちゃんは11月半ばまで預かる事になりそうです。
d0248627_20135483.jpg

クロは、フクと同い年なんだけど、とても子供っぽいです。
見かけもだし、性格も。
無邪気です。
そして怯えまくり。

フクは、クロちゃんと私が散歩に行くのを見ると
ワンワン吠えていますが、普段はそんなに
クロちゃんに吠えません。
クロちゃんはフクに吠えまくり。

それでも、少しずつ慣れていってくれたらいいな、と
フクがつながれている小屋にクロちゃんを連れて行って
近づけていたところ、少々近づけ過ぎてしまった。

フクが「ここ、フクの場所なんですけど!!!!」と
低く唸っているのを聞き落としたので、
ぎゃんぎゃん吠えているクロちゃんを遠ざけるのが
タイミング遅かった。

ギャワン!!と二匹が組み合ったかと思うと、
次の瞬間には、フクがクロちゃんの後ろに回り、背中を噛みました。
「痛い痛い!」と泣き叫ぶクロちゃん。
背中を噛んで離さないフク。

二匹を引き離そうとしましたが、なかなかフクが離れない。
よく見ると、両手でクロちゃんの体を押さえて、背中を噛んでました。

わあ、それ、ソラ夫さんに教わった猫戦法じゃないの?

実戦で使えるんだ…すげえ…

などと感心している暇はありません。

なんとかクロちゃんを引っ張って、フクから引き離したものの
フクはクロちゃんの尻尾をがっちり噛んでる。
食いちぎられたらヤバイな、と思いながらも
やっと離れて、クロちゃんを元の場所へ戻しました。

クロの背中も尻尾も、がっちり噛まれてはいたけど
血は出てなかった。
フクは一応、手加減したようです。
クロちゃんは、その後おとなしく寝床で
しょんぼりと寝ていました。
ごめんね、クロや。

しばらくして、クロちゃん散歩。ヤギコース。
d0248627_20301836.jpg

フクに噛まれたダメージは感じられません。
d0248627_2031253.jpg

さすがフクと親戚(従姉妹とか)だけあって、頑丈です。
d0248627_20331715.jpg

いつも見ているナショジオの「カリスマドッグトレーナー」でも
先住犬と新規犬が殺し合いの勢いでケンカしているのを
解決するケースがよくある。

確か、犬が興奮している時は近づけてはいけないんだよな…
落ち着くまで待って、大人しくなったら
鼻、耳、目の順でお互いに確認させあう。
向き合わせるとケンカになるから、
横向きに、隣合わせる。

人間の都合で、急いで引合わせない。

わかっちゃいたんだけどさあ。
難しいよね。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-10-29 20:39 | クロ


<< フクの小屋、雪囲い設置してもら... クロちゃん、ヤギと遭遇。 >>