フクちゃん、本格「外犬」への道

フクは今、外の小屋で夜すごす事にチャレンジしています。
割と最初から上手く行ってる。
d0248627_1749280.jpg

先日、ねこ食に友人が泊まる事になりまして。

もし、フクが夜、いつも通り中に入れてたとして、
床にお布団を敷いたらですね、
たぶんフクは寝てる友人の上を歩いたりするかも。
布団や友人を噛んだりするかも。
とにかく興奮脳の限りを尽くしそうな予感がありました。

そうさせないためにも、フクは外の小屋で
寝てもらわないと。

それに、そろそろ室内で過ごすのに限界が見えて来ていた。
フクのエネルギーが、室内では篭ってしまって
発散しきれない。
それが余計に興奮脳に刺激して、コナちゃんを襲ったりするわけです。
(ケガはさせてない。でも、相当しつこい攻撃)

それで、友人が宿泊した夜から、外に出しました。
夜に静内川河川敷まで行って散歩して、
帰ってきてそのまま
ごはんで釣って外につないだんです。

しばらくは大人しかった。
夜中に、鹿かキツネが来たのか
ワンワン吠えてましたけど、そのうち静かになって
朝まで大丈夫だった。

朝の散歩のために4時半に外に出て見たら
「さみしかったよ~!」と半泣きだったけど
散歩の態度はいつもよりずっとちゃんとしてた。

今までは、散歩の後半でやっと落ち着くのに、
散歩開始から私の脇に付いてちゃんと歩けたし、
時々こっちの様子を見たりしながら、
歩調を合わせて歩けたのです。

そうか。

今までの、私の気遣いは過剰だったんだ、と
今更ながら気付きました。

フクはもうすっかり本格的な外犬になっているのに
私はまだ子犬扱いして、半室内犬みたいな気持ちで
「外に出したら可哀想」って気持ちがあった。

まさに、ねこの父ちゃんソラがいつまでもフクを
「おれのムスメだ」って思ってるのと同じ状態だったんですな。

フクは、夜も外で過ごす事で
鹿やキツネに対する警戒その他で
エネルギーを発散できるみたいです。
その方がいいみたいです。

コナソラねこ達も、私も、夜ぐっすり寝られるし。
今まではやっぱり、フクを警戒していて
特にコナは、気が休まらなかった。

で、ねこの父ちゃんと犬のムスメは、
昼間は相変わらず相撲を取ってます。
「おいちゃん!」(柱の陰にいる)
d0248627_18113567.jpg

相撲!
d0248627_18121477.jpg

相撲!
d0248627_1813647.jpg

相撲!!
d0248627_18134732.jpg

室内で、この相撲が始まるといつまでも終わらず
最後には、本気のケンカになり兼ねません。

外だと、なんとなく勝敗が決まって
相撲終了、とメリハリがつくので
フクもソラも「ああ、すっきり」で終れるんですな。

あとは、フクをちゃんと毎日散歩させて
エネルギーを貯めさせず発散。
朝4時半の散歩はもちろん、夜も散歩に行って
ある程度疲れさせてから、外につなぐ作戦です。

この作戦は、私もある程度
というか、かなり疲れますが、仕方ないよな。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-05-16 18:20 | フク


<< フクは外犬になってもぶれなかった! コナ姐さんVSフクちゃん >>