フクちゃん公園デビュー(普通の散歩)

山はクマがいるし、海だと呼んでも戻って来ない。
散歩ジプシーとなったフクでございます。

リードを離して放牧して自由に走らせても
安全な場所を探していたのですが、
問題は興奮しやすいフクの性格にあったので、
どの場所でもだめだ、と言うことがわかりました。

では、どうするか。
ナショジオチャンネルの
「カリスマドッグトレーナー」を見ながら
シーザーさんになったつもりで考えた。

「リードを離さず、一緒に散歩」

犬の散歩の基本中の基本。
犬に必要なのは規律と運動。
やっぱこれしかない。

というわけで、朝5時前に静内の河川敷公園へ。
コンビニで買い物もあったので、車で町まで行きました。
まだ日の出前。
d0248627_17453889.jpg

「ここどこ?」なフクちゃん。
d0248627_17464958.jpg

もう白鳥は北へ帰って、鴨みたいなのがいました。
d0248627_17485499.jpg

フクは、あちこち嗅ぎながらですが割りと落ち着いて
黙々と歩きました。
意外でした。

河川敷を1km歩いて、また戻って、往復2km。
5時半になって、日が昇って来ました。
d0248627_1752988.jpg

早朝なので、ウォーキングの人や散歩の犬には
あまり出会わず、興奮せずにマイペースで歩けたフク。

私が持つリードを振り切ったり、急に走ったりせず
(普段の散歩ではよくあるんです)
ちゃんと歩けてびっくりです。

帰り道で、行く先に鴨の群れが陸に上がっています。
フクは鴨達を見ています。
d0248627_17565878.jpg

私を振りきって、鴨目がけてダッシュ!の姿勢。
d0248627_17575131.jpg

鴨さん、逃げてー!
d0248627_17584710.jpg

しかし。
フクはダッシュしませんでした。
落ち着いて、座って鴨を見ています。
d0248627_17594644.jpg

これって、フクの脳が冷静だってことですよね。
興奮状態が治まっていて、沈静化してるって
ことですよね。

理想の状態って、これだ。

カリスマドッグトレーナーのシーザーさんが
すっかり落ち着いた犬を見て
「素晴らしい態度」と言うのですが、まさに
今朝のフクはそうでした。

リードできちんと制御して、規律を与えながら
たっぷり散歩させれば、きちんと落ち着いて
平穏な状態になれる。
私がどうすればいいのかが、やっとわかりました。

そして、そういう状態を犬に与えてやれば
犬だって、興奮しているより平穏な方がいいんです。

散歩から戻ってきてもフクは落ち着いていました。
コナが外を歩いていても、大丈夫。
(前は吠えてた)
d0248627_1862325.jpg

コナが室内に戻るのにぴょんと飛んだ。
d0248627_188296.jpg

明日もまた公園に行くかー
明日は雨だけど、公園なら比較的きれいだもんね。
d0248627_1811236.jpg

車に乗せても大丈夫なように
シートに古いエプロンを着せよう。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-22 18:11 | フク


<< ソラ夫さんと相撲するフク フクは海へ >>