山にはクマがいた!

フク大脱走の翌日。

やっぱりフクちゃんは運動が足りてない、と
思いっきり走らせる場所を求めて
今は休業中のキャンプ場に行きました。
フクを車に乗せて行くのです。

キャンプ場にはクマが出ます。
ちょっと奥の方の沢には
「熊」
「立ち入り禁止」という看板があります。

早朝5時。
休業中なので、誰もいません。
初日は、カッコウやウグイスが鳴いて
すごく静かな山の朝。
フクもたくさん歩いて、走れて、大満足。
フクちゃんも車に乗る練習ができるし、
キャンプ場が再開するまでは、ここで
運動させられるなあ。

さて、次の日も早朝5時に行きました。

沢の方からギャーギャー言う声がする。
あれは小熊の声だと、すぐに思い当たりました。
車はちょっと下の方に停めてあって、遠い。
慌てて追われも逃げられないので、
「クマー!クマー!」と叫んで人がいる事を
熊にアピール。

ギャーギャー言う声はだんだん遠ざかって行ったので
熊達は山に帰る途中だったのでしょう。
姿も見えなかったし、フクも普通だった。
熊、夜行性だから早朝5時はまだ
熊の領域だったのです。

…というわけで
早朝のキャンプ場散歩は
熊のために断念しました。
こわすぎる。

翌日からは海に行こうと
決めたのでした。
d0248627_14445691.jpg

つづく
[PR]
by tara3huku3 | 2012-04-20 14:45 | フク


<< フクは海へ 朝、フク大脱走! >>