源さんは新しい飼い主さんと出会えました

1月からねこ食の薪小屋で借り暮らしをしていた
源さんは、2月26日
新しい里親さんと縁組成立となりました。
d0248627_14241312.jpg

元トリマーのボランティアさんが
源さんのロン毛をすっきりとプードルカットして
里親さんとのお見合いに臨みました。

実は、他にジジとじっちゃんが同席して
3頭の中でどれが選ばれるかわからず
あるいは縁組不成立するかも知れないし、
源さん戻ってくるだろうし…と思って
プードルカットの源さんの写真、撮らなかった。

しかし、お見合い即決で源さんはそのまま
新しい家族と一緒に新しい家に行く事になったのです!

よかった!
まずはよかった!

フクは、毎朝源さんの朝ごはんにご相伴していたので
薪を取りに薪小屋に行って、源さんがいなかったら
がっかりするかな?と思っていたら
全然そんなことはなかったです。

一応、空のゲージを見て
「あ、いないじゃん」って感じでした。

2月24日(金)久しぶりに雪がどっさり降った日のフクと源さん。
フクの小屋まわりは、一応雪かきしてあります。
d0248627_1436297.jpg

雪かき作業に出る私を待ち構えるフク。
d0248627_14365926.jpg

「フクも!フクも!」
d0248627_14375618.jpg

「フクもー!」
d0248627_14384171.jpg

がぶがぶ
d0248627_14391568.jpg

ホントに、この噛みぐせなんとか治らないかな。
おしおきは逆効果ってことはわかった。

源さんは、私のポケットの中にあるジャーキーしか見てません。
d0248627_14405453.jpg

源さん、可愛かったですね。
d0248627_1442127.jpg

新しいおうちで幸せな生涯を送れる事と思います。

源さんがラッキーだったのは、新ひだか犬猫ボランティアW.A.R.P.
メンバーさんに出会えた事です。
大事に預かってもらえて、里親も捜してもらえて。
W.A.R.P.の活動はホントに頭が下がります。

彼らの活動を見るまでは、殺処分される犬猫の事を知っても
「そう言うこともあるよね」程度の関心だったんだけど
実際、命が助かって家族の一員になっている犬猫たちを
見知ったら、少しだけど手助けしたいと思います。
行動する事って、大事なんだねえ。

まだ、ジジとじっちゃんという年より犬が
里親をお待ちしています。
老犬希望の方、ぜひ。
[PR]
by tara3huku3 | 2012-02-27 14:47 | フク


<< ソラねことフクいぬの日々 毛がわりの季節となりました >>